2012/4/11 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は序盤、日経平均の堅調推移を受けて、リスク選好の円売りが入り81.864円まで上昇したものの、日銀の金融政策決定会合において追加金融緩和を見送ったことをきっかけに、円買いが優勢になり81.25円付近まで反落しました。欧州市場では、6日米雇用統計の弱い結果を背景にイースター休暇明けの市場参加者は総じてリスク回避の動きに。NY市場に入っても、NYダウが200ドル超の下落に伴って、ドル円はリスク回避から連れるかたちで80.656円(前日比:-0.838)まで軟化し取引を終えました。

ユーロ円は序盤、日銀の追加緩和期待を背景に107.473円まで上昇したものの、追加緩和が見送られたことが伝わると、上昇の反動も加わり106.55円付近まで下落しました。イースター休暇明けの欧州市場は、リスク回避の地合いから円買いが優勢となり105.971円まで弱含みの展開に。その後のNY市場でも、NYダウの下落やスペイン債の売りが続き、リスク回避からユーロ円は軟調に推移し前日比-1.311円となる105.511円で取引を終えました。

≪2012年4月10日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り15% 買い85%
ユーロ・円  :「ベア」売り32% 買い68%
ユーロ・ドル :「ベア」売り52% 買い48%
英ポンド・円 :「ブル」売り30% 買い70%
豪ドル・円  :「ブル」売り14% 買い86%
NZドル・円  :「ブル」売り35% 買い65%

【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 金融経済月報(基本的見解)
15:00 DEM 卸売物価指数(WPI)[前月比] 3月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
21:15 CAD 住宅着工件数 3月
21:30 USD 輸入物価指数[前月比] 3月
21:30 USD 輸出物価指数[前月比] 3月
03:00 USD 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
03:00 USD 月次財政収支 3月


今日のトレードポイント


前日はスペイン債やフランス債の売りをきっかけに、欧州の債務問題が意識されNYダウが200ドル超の下落をするなど、リスク回避地合いでした。本日も株価の値動き動向に伴うリスク許容度の変化に注目したいです。また、米大手企業の決算が続くなか、日本時間27時00分に米地区連銀経済報告(ベージュブック)の発表を控えており、米経済の景気見通しが弱気になれば下げ足を速めるきっかけになるかもしれません。



[今日の予想レンジ]
ドル・円 81.00-82.50  ユーロ・円 106.00-108.50  ポンド・円 129.00-131.50



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」