2012/4/2 トレイダーズ証券「みんなのFX」

金曜日のドル円は期末に係る国内輸出企業の外貨売りに加え、朝方発表された日本の消費者物価指数や失業率の強い結果を受けて円買いが強まり81.832円まで下落しました。一時3/23直近安値81.977円を下回りましたが、値頃感から買い戻しの動きが強まり、仲値に向けて大きく買い戻される展開となりました。その後、目立った材料は無いものの、欧州勢の参入とともに買い圧力が強まり反発、欧州連合(EU)ユーロ圏財務相会合が債務危機対策の金融安全網の強化で合意したことが好感されて円売りが強まったため82.882円まで値を伸ばし、82.862円と高値引けとなりました。

ユーロ円は東京時間に安値109.032円をマークしました。その後、欧州勢の外貨買いに加え、欧州連合(EU)による「欧州金融安定ファシリティー(EFSF)と欧州安定メカニズム(ESM)の融資上限を総額7000億ユーロに引き上げる」との声明発表を受けてじりじりと値を伸ばす展開となり110.593円まで値を伸ばし、高値圏を維持したまま110.582円で取引を終えました。

≪2012年3月30日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り28% 買い72%
ユーロ・円  :「ベア」売り57% 買い43%
ユーロ・ドル :「ベア」売り75% 買い25%
英ポンド・円 :「ブル」売り48% 買い52%
豪ドル・円  :「ブル」売り20% 買い80%
NZドル・円  :「ブル」売り42% 買い58%


【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断 1-3月期
08:50 JPY 日銀短観・四半期大企業製造業先行き 1-3月期
08:50 JPY 日銀短観・四半期大企業全産業設備投資[前年度比] 1-3月期
10:30 AUD 住宅建設許可件数 [前月比] 2月
16:15 CHF 実質小売売上高[前年同月比] 2月
16:30 CHF SVME購買部協会景気指数 3月
17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 3月
17:30 GBP 製造業購買担当者景気指数(PMI) 3月
18:00 EUR 失業率 2月
23:00 USD 建設支出[前月比] 2月
23:00 USD ISM製造業景況指数 3月



今日のトレードポイント


欧州連合(EU)の声明は市場の想定範囲内だったとはいえ、リスク志向の改善を意識した円売り優勢のまま週末クローズを迎えたため、日本をはじめとしたアジア株が堅調推移となれば上値を試す展開も考えられます。ただし、今週は米雇用統計・FOMC議事録要旨公表・英MPC等、相場を動かす材料が豊富なため、日々注意が必要となりそうです。



[今日の予想レンジ]
ドル・円 82.00-83.40  ユーロ・円 109.50-111.30  ポンド・円 131.00-134.00



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」