2012/3/29 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、中国株安をきっかけにリスク回避の円買いが強まり、東京市場終盤には82.611円まで下落しました。その後、欧州連合が「欧州で債務危機に陥った国や金融機関を支援する安全網の基金の枠を現在の5000億ユーロ規模から拡大することへの反対は見込まない」との見解を示したことを好感してユーロ買いが強まり、ユーロ円の上昇に連れてドル円も急反発し83.177円まで上昇しました。しかし、米国時間に発表された耐久財受注が予想を下回り(予想:3.0%、結果:2.2%)欧米株価の下落を誘発したため、再度リスク回避の円買い押されて下落。83円台を維持できずに82.853円で取引を終えました。

ユーロ円は前日のNY市場の下向きの流れを引き継ぎじりじりと下落、東京市場終盤には110.168円まで下落しました。その後、欧州債務問題の懸念後退を支援材料にユーロ独歩高となり110.915円まで急騰したものの、ロンドンフィキシングに向けてユーロ売りが入った事に加え、円買いの流れが重なり109.867円まで下落しました。自立反発からじりじりと値を戻したものの、前日比マイナス圏のまま110.331円で取引を終えました。

≪2012年3月28日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り25% 買い75%
ユーロ・円  :「ベア」売り57% 買い43%
ユーロ・ドル :「ベア」売り73% 買い27%
英ポンド・円 :「ブル」売り36% 買い64%
豪ドル・円  :「ブル」売り20% 買い80%
NZドル・円  :「ベア」売り62% 買い38%


【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 小売業販売額[前年同月比] 2月
08:50 JPY 大型小売店(既存店)販売額[前年同月比] 2月
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分
09:00 NZD NBNZ企業信頼感 3月
16:55 DEM 失業者数[前月比] 3月
16:55 DEM 失業率 3月
17:30 GBP 消費者信用残高 2月
17:30 GBP マネーサプライM4[前月比] 2月
17:30 GBP マネーサプライM4[前年同月比] 2月
18:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 3月
18:30 ZAR 卸売物価指数(PPI)[前月比] 2月
18:30 ZAR 卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 2月
21:30 USD 四半期実質国内総生産(GDP、確定値)[前期比年率] 10-12月期
21:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
21:30 CAD 鉱工業製品価格[前月比] 2月
21:30 CAD 原料価格指数[前月比] 2月
06:45 NZD 住宅建設許可件数[前月比] 2月



今日のトレードポイント


ドル円をはじめとした対円通貨は2月初旬から大幅上昇後も高値圏を維持していますが、上値を追う程の材料に欠けるため方向感に乏しい状態となっています。しかし、本日は米国時間に比較的注目度の高い米四半期GDPの発表を控えており、結果次第では上下どちらにも値が振れる可能性を秘めているため注意が必要です。



[今日の予想レンジ]
ドル・円 82.00-83.40  ユーロ・円 109.50-111.50  ポンド・円 131.00-133.50



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」