2012/3/6 トレイダーズ証券「みんなのFX」

月曜日のドル円は東京時間序盤からリスク回避ムードが広がり円買いの展開となりました。さらに、午後に発表された中国政府活動報告では、2012年の中国の経済成長目標が7.5%と、8年ぶりに引き下げられたことが明らかになったことで円買いが加速、81.155円まで下落しました。しかし、その後は一段の円買い材料がなかったことから戻りを試す展開となり、NY時間には81.544円まで値を戻しました。NY時間に発表されたISM非製造業景況指数は市場予想(56.2)を上回る結果(57.3)となりドル買いが強まったものの、NY時間の高値を上抜け出来ずに反落。引けにかけては、NYダウが当日の下げ幅をほぼ解消したことが好材料として意識され、下値を押し上げ81.522円で取引を終えました。

ユーロ円はドル円と同様に円買いが強まった事に加え、ロンドン時間に発表されたユーロ圏サービス部門購買担当者景気指数が市場予想(予想:49.4、結果:48.8)を下回ると106.918円まで下落しました。その後はドル円の上昇に連れる形で値を戻し、始値と同水準の107.764円で取引を終えました。


≪2012年3月5日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り33% 買い67%
ユーロ・円  :「ベア」売り60% 買い40%
ユーロ・ドル :「ベア」売り58% 買い42%
英ポンド・円 :「ベア」売り50% 買い50%
豪ドル・円  :「ブル」売り33% 買い67%
NZドル・円  :「ベア」売り41% 買い59%


【今日の主な経済指標】
09:01 GBP 英小売連合(BRC)小売売上高調査[前年同月比] 2月
09:30 AUD 経常収支 10-12月期
10:30 JPY 毎月勤労統計調査-現金給与総額[前年同月比] 1月
12:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
19:00 EUR 四半期域内総生産(GDP、改定値)[前期比] 10-12月期
19:00 EUR 四半期域内総生産(GDP、改定値)[前年同期比] 10-12月期
00:00 CAD Ivey購買部協会指数 2月



今日のトレードポイント


ドル円は上昇一服となったが、中国の悪材料にも関わらず株式をはじめとした金融市場全体が堅調な動きをしていることから、引き続き底堅い動きが予想されます。ただし、81円半ば〜82円は昨年の5月〜7月のレジスタンスとして意識された水準のため上値追いには注意が必要です。また、ユーロ円はドル円にサポートされる形で値を保っていますが、ギリシャ債務削減をめぐる不透明感が強いため、下方向への警戒が必要となるでしょう。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 81.00-81.80  ユーロ・円 106.90-108.50  ポンド・円 128.20-130.50



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」