2012/2/17 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は序盤、仲値に向けてドル買いが観測され78.55円付近まで上昇したものの、買い一巡後にはギリシャの追加支援の先行き不透明感を背景に、リスク回避の円買いが入り上値の重い展開に。欧州市場に入ると、ロンドンフィキシングに絡んだ円売りが持ち込まれ78.80円付近まで急伸しました。NY市場では、米経済指標が軒並み市場予測を上回ったほか、ギリシャ支援に相次ぐ好材料がでたことでリスク選好一色となるなか、リスク資産に対して安全資産のドルと円が同時に売られたことから、78円台後半で推移し78.919円(前日比:+0.507)で取引を終えました。

ユーロ円は序盤、ギリシャの追加支援の先行き不透明感を背景にリスク回避の101.922円まで軟化しました。欧州市場では、ロンドンフィキシングにかけて円売りが観測され102.55円付近まで強含む展開でした。NY市場では、強い米経済指標を背景に、投資家のリスク選好姿勢が強まるなか、ギリシャの債務交換協議に進展が見られたことから103.823円まで一段高となり103.655円(前日比:+1.191)で取引を終えました。

≪2012年2月16日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り43% 買い57%
ユーロ・円  :「ベア」売り60% 買い40%
ユーロ・ドル :「ベア」売り56% 買い44%
英ポンド・円 :「スクウェア」売り50% 買い50%
豪ドル・円  :「ブル」売り45% 買い55%
NZドル・円  :「スクウェア」売り50% 買い50%

【今日の主な経済指標】
16:00 DEM 生産者物価指数(PPI)[前月比] 1月
18:00 EUR 経常収支 12月
18:30 GBP 小売売上高指数[前月比] 1月
19:00 EUR 建設支出[前月比] 12月
19:00 EUR 建設支出[前年同月比] 12月
21:00 CAD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 1月
21:00 CAD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 1月
21:00 CAD 消費者物価指数(CPIコア)[前月比] 1月
21:00 CAD 消費者物価指数(CPIコア)[前年同月比] 1月
22:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 1月
22:30 USD 消費者物価指数(CPIコア指数)[前月比] 1月
22:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 1月
22:30 CAD 景気先行指数[前月比] 1月
00:00 USD 景気先行指標総合指数[前月比] 1月


今日のトレードポイント


米経済指標が総じて市場予想よりも強い結果になったほか、ギリシャ政府関係筋の話として「ギリシャと国際支援機関は支援に必要な約3億2500万ユーロの歳出削減の具体策で合意した」と伝わったことで、同国への追加支援の合意期待を背景に、リスク志向が改善されています。本日も米経済指標やギリシャの債務問題に関する要人発言やヘッドラインに左右される展開が想定されることから、突発的な動きに備え十分にリスク管理をしておきたいでしょう。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 78.00-80.50  ユーロ・円 102.50-105.50  ポンド・円 123.00-126.50


★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★



■2/20よりドル円のスプレッドを0.7銭→0.5銭に縮小!


■名店の味を自宅にお届け!ドル円の取引高に応じてラーメンをプレゼント!



---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」