「先行スパン2」で節目となる"半値"を見極める



「ボクが見る半値は、過去52本のローソクの高値・安値の半値を示す一目均衡表の『先行スパン2』。上昇相場では陽転中の雲の下限になって、下落相場では陰転中の雲の上限になるラインなんだけど、これが東京時間足の高値・安値と重なると、強い抵抗線になりやすい。そもそも半値って、買い手と売り手の力が拮抗するポイントになるでしょ? 例えば直近高値が90円、安値が80円で半値が85円のときは、85円よりも上にローソクがあったら買い方のほうが含み益を抱えて有利になる。逆に下にあったら、売り方が有利な状況にあると判断できる」

力が拮抗するってことは、相場の転換点になりやすいってこと。それだけ、先行スパン2は抵抗線として機能しやすいのだ。

ちなみに、アンディ氏が使う先行スパン2は通常のそれと若干異なる。本来ならば、「先行」の名前のとおり、一目均衡表の先行スパン2はローソク足の26本“先”に表示されるよう設定されているのだが、アンディ式では“先行させず”に、26本分繰り上げて表示させているのだ。

「このほうが一目で半値とローソクの位置関係がわかるから、好都合なんだよね~」

そう得意げに話すアンディ氏だが、実は東京時間足と先行スパン2をめぐって、苦すぎる“夏の思い出”をつくってしまったという。それは8月20日のこと……。

「豪ドル/円は8月9日に底を付けてから、4時間足雲を上抜いて81円まで上昇して、押し目をつくるように一旦、下げたんだよね。それで、ボクは8月19日に『78円82銭で押し目買いします!』とブログで宣言して、その水準で指値注文を入れておいたの。ちょうど陽転中の4時間足雲の下限、つまり先行スパン2と8月12日の東京時間足の安値が重なるポイントだったんだよ。それがさ……わずかに3銭届かず、8月20日に78円85銭で反転上昇して21日には80円台を回復しちゃったんだよ!」

鉄板の「東京時間足+アンディ流半値」トレードが、惜しくも不発に終わってしまったのだ。が、その差はたったの3銭……前述の神業トレードを超える“幻のトレード”だったのは間違いない!



"東京時間足"の半値と先行スパンが重なれば鉄板!



アンディ氏が使う半値は先行スパン2だけではない。

「“東京時間足の半値”も効くんだよ。先行スパン2と重なったりすると鉄板。8月24日のトレードがその典型だね。これも上昇トレンドにある豪ドル/円が押し目をつくりに来たパターンで、陽転中の1時間雲下限にあたる先行スパン2と前日東京時間足の半値が一致した80円5銭が、押し目の底値になったの。さらに言うと、その5銭下の80円ちょうどの水準には前々日の東京時間足の半値があった。“3つの半値”がほぼ重なる強い抵抗線があったってこと。この半値が重なるチャートは、ボクの必勝パターン。『東京ちゃんねー、先行ハンネー、そこのお姉ちゃんねー』って、覚えておいて(笑)」

しょうもないダジャレでも……トレードに勝てるのなら覚えるっス! というのも、この“半値トレード”、利確&損切りポイントも明確なのだ。

「損切りはカンタン。エントリーした半値ラインを大きく割り込んでしまったら切るだけ。利確のほうは、時間軸の異なる先行スパンを基準にする。仮に陽転中の1時間足の雲下限(先行スパン2)で買ったのなら、陰転している5分足雲の上限(先行スパン2)か、陰転している4時間足雲の下限(先行スパン1)が利確ポイントになる。ただ、4時間足の雲が1時間足の雲と同様に陽転している場合は、強い上昇トレンドにあるってことだから、陰転している5分足の雲で利確しちゃったらもったいない。1時間足が陰転するまで利益を伸ばすのがベスト」

要は、エントリーした半値ラインよりも下位の足(短い時間足)の先行スパン2、ないし上位の足(長い時間足)の先行スパン1が利確の目安になるってこと。先行スパン1は転換線(過去9本の高値・安値の半値)と基準線(過去26本の高値・安値の半値)との半値を示すラインだから……半値でトレードが完結するわけだ。まさに“半値づくし”!

「避難通貨としてスイスフランが買われて急騰したでしょ? このときのスイスフラン/円の5分足って、すべての押し目が綺麗に直近の東京時間足の半値と一致してるんだよ」

こう話すように、半値トレードは一方的に上げ・下げする大荒れ相場にも対応したトレード手法。もちろん、通貨ペアも選ばない。スキャルでもデイトレでも使える手法だ。円高相場に振り回されっぱなし! という人はぜひ試してみるべし。



アンディさん



【技】半値ちゃんねトレード

5分・1時間・4時間・日足の先行スパンと東京時間足の半値を利用した鉄板トレード。この半値理論を応用した必殺「もぐらトレード」はブログで詳述。アンディ氏のすべてを明らかにしたFX本好評発売中!
http://ichimoku119.blog15.fc2.com/