2012/1/31 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は序盤、日経平均やアジア主要株式の上値の重さが意識されたほか、先週末のリスク回避による調整売りも散見され76.65円付近を軟調に推移しました。欧州市場に入っても、欧州株式が売りが先行したことを受けて、リスク回避姿勢が強まったものの、安全通貨とされるドルと円が同一方向に売買されたことで影響は限定的となりました。しかしNY市場では、欧州の債務問題の懸念からリスク回避の動きが一段と強まり円買いが優勢になると、ストップロスの売りをつけ年初来安値となる76.214円まで下げ足を速め76.307円(前日比:-0.365)で取引を終えました。

ユーロ円は、先週末の流れを引き継ぎリスク回避からユーロ売り円買いが先行し107.75円付近まで軟化しました。欧州市場では、「ポルトガル5年物のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)においてデフォルト確率が71%を示唆」したとの報道が伝わると、ユーロ売りから100.50円付近まで下げ幅を広げました。NY市場に入ると、欧州債務問題の先行き不透明感からリスク回避の動きが強まると下値試しの展開になり一時99.993円まで下落し100.242円(前日比:-1.133)で取引を終えました。


≪2012年1月30日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り 5% 買い95%
ユーロ・円  :「ブル」売り43% 買い57%
ユーロ・ドル :「ベア」売り72% 買い28%
英ポンド・円 :「ブル」売り26% 買い74%
豪ドル・円  :「ブル」売り28% 買い72%
NZドル・円  :「ブル」売り48% 買い52%

【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 新設住宅着工戸数[前年同月比] 12月
15:00 ZAR マネーサプライM3[前年同月比] 12月
16:00 DEM 小売売上高指数[前月比] 12月
16:00 DEM 小売売上高指数[前年同月比] 12月
16:45 FRF 卸売物価指数(PPI)[前月比] 12月
16:45 FRF 消費支出[前月比] 12月
17:55 DEM 失業者数[前月比] 1月
17:55 DEM 失業率 1月
18:30 GBP 消費者信用残高[前月比] 12月
18:30 GBP マネーサプライM4[前月比] 12月
18:30 GBP マネーサプライM4[前年同月比] 12月
19:00 EUR 失業率 12月
21:00 ZAR 貿易収支 12月
22:30 CAD 鉱工業製品価格[前月比] 12月
22:30 CAD 原料価格指数[前月比] 12月
22:30 CAD 月次国内総生産(GDP)[前月比] 11月
23:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数 11月
23:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比] 11月
23:45 USD シカゴ購買部協会景気指数 1月
00:00 USD 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 1月



今日のトレードポイント


ドル円は昨年の10月31日の為替介入以来となる76円台前半をつけて為替介入が意識される水準まで下落したことで介入警戒感から下げ渋る展開になることが想定されそうです。また、急ピッチな下落の反動から、一旦調整が入る可能性もあるほか、週末の米雇用統計を控えてポジション調整の動きにも注意したいでしょう。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 76.00-77.50  ユーロ・円 99.00-101.50  ポンド・円 118.00-121.50


★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」