少額から金投資を始めたいのならCFDを選ぶのも方法だ。超円高の状況下なら、ドル建てで取引する金CFDの魅力はさらに高まる。今回、カリスマトレーダーの三空さんにそんなCFDを駆使した金投資の極意を聞く!





上級者は金CFDで一攫千金を狙う!



「CFDの基本的な仕組みはFXと同じ。コモディティ(商品)版FXと考えれば間違いないでしょう」

カリスマトレーダーの三空さんはこう説明するが、CFDとは "Contract for Difference" の略で、日本語に訳すと「差金決済」。株式や通貨、金の現物投資のように、投資をして現物を丸ごと受け取るのではなく、買った現物を売って得た差益だけを受け取る取引のことをいう。現物を受け渡しせずに、売買の差益だけを受け取るのだから、確かに仕組みはFXと同じなのだ。

「というより、そもそもFX自体がCFDの為替版として派生した金融商品なんです」(三空さん)

元が同じなので、CFDの取引方法はFXとほとんど変わらない。証拠金を入れれば、その何倍もの金額の取引ができて、「売り」「買い」両方から入れる。ポジションのロールオーバーを繰り返せばスワップポイントの受け渡しが発生する点もFXと同じだ。

ただしFXの場合、一般に「買い」をロールオーバーするとスワップポイントがもらえ、「売り」を持ち続けるとスワップポイントを支払い続けなければならないが、CFDの場合はこの逆。「売り」で受け取り、「買い」で支払いとなるので要注意だ。銘柄によっては原油CFDのようにスワップの受け渡しが発生しないものもある。

「CFDの魅力は世界中のさまざまな銘柄に投資できることです。日本株はもちろん、海外株、株価指数、国内外の債券など、あらゆる市場にアクセスすることが可能。取扱業者によって異なりますが、7000銘柄近く提供している会社もあるくらいです」(三空さん)

中には、ノルウェー株やアイルランド株など超ニッチな銘柄まで用意している業者もあるのだとか。

「ただ、取引が多いのはNYダウ平均や日経平均などのメジャーな株価指数。金や原油の相場に連動するCFDも人気です。しかもレバレッジを掛けられるので、より少ない証拠金で購入できる。株式CFDのレバレッジは最大5倍なので、2600円の証拠金さえ入れられれば、現物株を買うのに最低130万円かかる任天堂も取引可能になります」(三空さん)

もちろん、証拠金取引なので、思惑が外れたら元手はトンでしまい、"追証" が発生する。リスクも十分考慮しなければいけないのも事実だが、金、原油など商品CFDの場合、レバレッジは20倍とさらに大きくなる。9月時点の金先物は1トロイオンス1876ドル(約14万4000)前後だが、その20分の1の約7000円もあれば金CFDが買えてしまう計算だ。

しかもCFDは、取引手数料を「無料」としている業者が多いのもメリットと言える。

「FXと同じように売値と買値のスプレッドは取られますが、それ以外のコストはかからないので効率的なんです」(三空さん)

ほかの金投資方法と比べて、少額、低コスト、ハイレバレッジで取引できるのが金CFDの大きな魅力だと言えるが、魅力はほかにもまだまだあるという。

「例えば、金の先物や金ETFは円建てで取引するので、どんなに金相場が上昇しても、同時に円高が進むと値幅が小さくなってしまう。その点、金CFDはドル建て取引なので、より大きな値幅を得ることができる。今年のように急激な円高ドル安が進行しているときには、ドル建ての金CFDが圧倒的に有利なんです」(三空さん)

しかも、取引できるのが日本時間の日中に限られる国内の金先物や金ETFと違って、金CFDはほぼ24時間いつでも取引できる。

「金相場が動きやすいのは、欧州で取引が始まる日本時間の夕方からニューヨークでの取引が本格化する深夜にかけて。金CFDなら、その値動きの激しい時間帯に取引して、より大きな利益を狙うことも可能です」(三空さん)



"いきすぎたドル安"をちゃんと見極めて金CFDを楽しむ



金や原油などの商品CFDを提供していない会社もあるが、昨今の商品相場の高騰を受けて、取り扱いを始める業者も増えているようだ。金CFDを取引するには、どの業者を選べばいいのだろうか。

「どの会社の金CFDも、ほとんどニューヨークの金相場に連動する。だから、値動きに大きな差がなく、レバレッジも最大20倍の規制があるので横並び。選ぶポイントは、スプレッドの大きさを見ることでしょうね」(三空さん)

売値と買値のスプレッドが大きいほど、小さな値動きでさやを稼ぐことは難しくなる。この点もFXとまったく同じだ。FX業界ほどではないが、CFD業界においてもスプレッドの狭さを売り物とする熾烈な顧客獲得合戦が繰り広げられており、金CFDの魅力は今後ますます高まりそうである。

ところで三空さんは、今後の金相場の行方をどう見ているのか。

「米国債格下げの影響で、金価格は8月に1900ドル台まで急騰しましたが、さすがに買いの勢いが強すぎると見ています。当面はジリジリ値を下げる可能性が高いと思いますが、もう一度上がって高値を超えたら、一気に2000〜3000ドル台を目指す展開になるかもしれません」(三空さん)

仮に今後、金相場が下降トレンドに転じても、金CFDの「売り」ポジションを長く持ち続けるのは危険だと三空さんは指摘する。

「金や原油などのコモディティ相場は、下降トレンドでも時折大きなリバウンドが起きやすいのが特徴。高いレバレッジを掛けて売りポジションを持ち続けると強制決済されてしまう危険があります。長く保有するなら、なるべく取引枚数を減らすか、証拠金を厚くしておいたほうがいい。今のタイミングなら、"いきすぎたドル安" かどうか見極めながら、ドル建ての金スポットで売りから入るのも手ですね」(三空さん)



三空さん

日本株のデイトレードで最大2億5000万円まで資産を増やした伝説のカリスマトレーダー。著書に『三空式CFD 稼ぐ法則!』(かんき出版)など多数。三空(@39usdipy)on Twitter