勢いがある時だけ取引するくのいちトレードは7万円の利益に!



今回の義援金カップは忙しくて、全然取引できなかったんですよ。最近は母が病気をしたり、2冊目の本を書いていたこともあって、時間が作れなくて」

子育てに介護に忙しいえつこ氏。と言っても、今回たった3取引で7万3000円も稼ぎ出している。その実力は本物だ。

「基本の手法は変わってません。MT4を使って、ADXとBBandWidthRatioというインジケーターを表示させています。それらが両方とも上向いたらトレンドに勢いがある。それを狙ってエントリーすれば勝てます」

さらにトレードの精度を高めるために、最近ではある工夫をしているのだとか。


ファンダメンタルズを鍛えてさらなる利益を狙う!



「手法よりも今はファンダメンタルズ分析を強化しようと思って勉強しています。義援金カップの期間で唯一取引した日は、結構面白いニュースが出ていたんですよ」

そのニュースとは、中国人民銀行当局者の「欧州への直接投資を拡大すべき」という発言について。「これで、ユーロが評価されて上昇すると思いました」

最近では中国発信のニュースで為替が動くことが多い。えつこ氏は以前、中国の高官が「米ドルだけが基軸通貨であるべきとは考えていない」と発言したことで米ドルが下がったのを覚えていた。「それに、午後には『アメリカの債務が法律で定める上限に達しており、国連が危惧している』というニュースも流れたんです。国連が危惧するんですから、『米ドルがすごく下がる』か、『ユーロがすごく上がる』のどちらかだと」

そのニュースの2時間後、欧州時間の16時に入ってユーロが上昇。ADXとBBandWidthRatioの売買サインが点灯したのをえつこ氏は見逃さなかった。こうして、好機を逃さずにユーロ/円と英ポンド/円を取引して着実に利益を重ねたのである。

「やっぱり、今後もユーロと米ドルに注目ですね。ユーロは信用不安の問題もありますし、アメリカの雇用も随分厳しい。これからも、格付け会社の評価や、政策金利のニュースがあるでしょうから、大きく動くんじゃないでしょうか」

勢いを摑むためのテクニカル分析の部分に関しては、もはやかなりの精度に達しているえつこ氏。

それに加えて、マーケットに飛び交う経済ニュースを察知し、ファンダメンタルズ分析も加わるとなれば、鬼に金棒だ。

「利益も少ないので全額寄付します。私も子供がいるので、子供たちのために使ってくれるところに寄付したいですね」




えつこ氏

ADXとBBandWidthRatioというインディケーターを使って、相場の「勢い」を見てトレードする。現在、2冊目の書籍を執筆中。著書に「待つFX」(パンローリング刊)
http://etsuko838.blog46.fc2.com/