2012/1/18 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、序盤に仲値に向けてドル買いが強まると76.873円まで堅調に推移しました。しかしその後、中国GDPが市場予想を大幅に上回り、対資源国通貨を中心にドル売りが強まったことでドル円は76.55円付近まで反落。欧米市場では、売りが一巡して戻りを試す展開に。76.80円付近まで上昇したものの、本日高値を前に上値の重さが確認されたことから、もみ合う形となり76.823円(前日比:+0.022)で取引を終えました。

ユーロ円は、日経平均やGlobexのNYダウ先物が上昇したことを背景にリスク選好姿勢が強まり、東京市場にかけて97.75円付近まで強含む展開となりました。欧州市場では、ユーロ圏やドイツの景況感指数が市場予想を上回ったほか、スペイン国債の入札が堅調だったことが好感されユーロ買いが先行し一時98.314円まで上昇しました。しかし、NY市場に入ると、欧州委員会はハンガリー政府が中央銀行の独立性を脅かしているとし、同国への法的措置も辞さない構えを示したことから、リスク回避のユーロ売りが優勢となり97.854円(前日比:+0.586)まで値を崩して取引を終えました。


≪2012年1月17日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り12% 買い88%
ユーロ・円  :「ブル」売り37% 買い63%
ユーロ・ドル :「ベア」売り54% 買い46%
英ポンド・円 :「ブル」売り13% 買い87%
豪ドル・円  :「ブル」売り37% 買い63%
NZドル・円  :「ベア」売り58% 買い42%

【今日の主な経済指標】
13:30 JPY 鉱工業生産・確報値[前月比] 11月
17:00 ZAR 消費者物価指数(CPI)[前月比] 12月
17:00 ZAR 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 12月
18:30 GBP 失業保険申請件数 12月
18:30 GBP 失業率 12月
19:00 EUR 建設支出[前月比] 11月
19:00 EUR 建設支出[前年同月比] 11月
20:00 ZAR 小売売上高[前年同月比] 11月
21:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
22:30 USD 卸売物価指数(PPI)[前月比] 12月
22:30 USD 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)[前月比] 12月
23:00 USD 対米証券投資(短期債除く) 11月
23:15 USD 設備稼働率 12月
23:15 USD 鉱工業生産[前月比] 12月
00:00 USD NAHB住宅市場指数 1月
06:45 NZD 四半期消費者物価(CPI)[前期比] 10-12月期



今日のトレードポイント


本日は、英失業率や米生産者物価指数、米鉱工業生産などの経済指標にくわ
え、米大手金融機関のゴールドマンサックスの決算発表など複数のイベントが控えています。ただ、ドル円は年始から76円台半ばから77円台前半での狭い範囲での取引となっており、このレンジを抜け出す材料としては力不足感が否めないです。一方、テクニカル面ではあらかじめレンジ取引になった場合を想定し、ボリンジャーバンドの±2σを反転サインとして売買を検討するのもいいかもしれません。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 76.00-78.00  ユーロ・円 96.00-99.00  ポンド・円 116.00-119.00



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」