2011/12/12 トレイダーズ証券「みんなのFX」

金曜日のドル円は序盤、仲値にかけて買いが強まる場面が見られたものの、その後、日経平均や主要アジア株式が総じて軟調に推移したことで、リスク回避から77.55円付近まで軟化しました。しかし、欧州市場に入ると、欧州株式やGlobexのNYダウ先物が上昇に転じたことをきっかけに、ドル円にショートカバーが入り77.770円まで反発。NY市場では、NYダウが前日比186.56ドル高の大幅反発を受けて、資源国通貨に対してドル売り圧力が強まった影響が波及し、ドル円は前日比-0.120円となる77.554円まで小幅に値を崩し取引を終えました。

ユーロ円は、東京市場で欧州連合(EU)当局者が「EU首脳、ESMに銀行免許付与しないことで合意」などの発言を受けてユーロ売りが強まり103.148円まで軟化しました。欧州勢参入後には、欧州中央銀行(ECB)がイタリア国債を購入しているとの観測がだされたほか、中国が3000億ドル規模の外貨投資機関を設立し、欧州や米国に投資すると報じられユーロへの支援材料になると一時104.386円まで大きく反発。しかし、NY市場に入ると、欧州首脳会談後にメルケル独首相が「EU首脳はECBの役割や政策を協議しなかった」と発言したほか、ESMの上限が5000億ユーロを超えないとの見解を示したことで、欧州財政問題への懸念からユーロ売りが先行し103.780円(前日比:+0.135)まで下落して取引を終えました。


≪2011年12月9日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り23% 買い77%
ユーロ・円  :「ブル」売り35% 買い65%
ユーロ・ドル :「ベア」売り55% 買い45%
英ポンド・円 :「ブル」売り31% 買い69%
豪ドル・円  :「ブル」売り27% 買い73%
NZドル・円  :「ブル」売り25% 買い75%

【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 消費者態度指数・一般世帯 11月
16:45 FRF 経常収支 10月
04:00 USD 月次財政収支 11月



今日のトレードポイント


欧州首脳会談は、英国が2条約改定を反対したことにくわえ、欧州安定メカニズム(ESM)の上限が5000億ユーロを超えない枠組みでの見通しとなり、リスク回避の地合いが強まりそうです。また、欧州首脳会談の結果を受けて、米格付け会社S&Pがユーロ圏15ヵ国の格付けを引き下げる可能性も低くないことから、警戒感を怠らないようにしたいでしょう。



[今日の予想レンジ]
ドル・円 77.00-78.50  ユーロ・円 102.00-105.00  ポンド・円 120.00-122.50



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」