職場のエクセルで超カンタンシストレデビュー!


株価が下がり続けるなか、上司や同僚の目が気になって、ザラ場を堂々と見られず、仕事に集中できないサラリーマン投資家も多いのでは? しかし、そんな人でも職場で株価をチェックでき、しかもシストレまでできる画期的ツールが登場した!



仕事中、PCにピカピカ光るFXの取引画面を表示している小誌編集Y。当ページを担当しているので「これも仕事!」と言い張れるが、一般の職場ではそうはいかない。

「そんなサラリーマン投資家の方に、ぜひ紹介したい画期的なツールを開発しました!」

と、連絡をくれたのは岡三オンライン証券事業推進部の藤波秀樹氏。早速、正式リリース前のテスト段階のツールの見学に向かった。

最初に見せてくれたのは「岡三デスクトップ」というPCのデスクトップに置くガジェットだ。

「時計やカレンダーなどの一般的な情報はもちろん、リアルタイムで株価や為替の情報が表示されますし、RSSリーダーに好きなサイトを登録しておけば、最新のニュースの配信を受けることもできます。さらにこのガジェットから発注することも可能です」

グーグルやヤフーなどが競ってオシャレなガジェットを提供しているが、名前こそ垢抜けない「岡三デスクトップ」も保有銘柄などの表示がクルクルと回転するなど、とてもスタイリッシュ。一見、証券会社のシステムとはわからない。

「デザインには相当力を入れたんですよ。でも、本当に見ていただきたいのはこちらなんです」


エクセルで発注までできる画期的ツール


と言って見せてくれたのは、何の変哲もないエクセルシート……これが何か?

「そう、普通のエクセルなんですよ! でも、岡三デスクトップで口座にログインした状態で、普通のエクセルを立ち上げていただければ、そのエクセルで板情報や四本値をリアルタイム表示できるようになるんです」

確かに、見せてくれたエクセル上に表示されていた板情報のシートでは、刻々と気配値や現在値が変化している! ガジェットで表示される板情報と比較しても誤差は感じられなかった。
「これは4月中旬にリリース予定の『岡三RSS(リアルタイムスプレッドシート)』です。特別なエクセルを使っているわけではないので、例えば気配値の買値と売値、現在値の3つだけが知りたい場合、実際の仕事で使用しているエクセルの端っこの3つのセルに計算式をコピー&ペーストするだけで表示できます。現在値だけ知りたければ1つのセルで済みますから、これなら職場で株価をチェックしてても誰にもバレませんよ(笑)」

しかも、岡三RSSは情報を表示するだけではない。


「日経225先物と日経225miniに関しては、このエクセルを使って新規発注や決済までできます。これまでも情報を取得することはできましたが、発注ができるのは業界初の機能です」

発注方法もいたって簡単。発注を意味する関数「NEWORDER」のあとに、銘柄名と限月のほかに新規注文か決済か、買いか売りか、成行か指値か逆指値か、売買価格はいくらか、数量は何枚かなど、決められた項目を打ち込む計算式を1行つくるだけ。イフダンやOCOなど複雑な注文も可能だし、約定履歴や保有している銘柄の損益情報もリアルタイムで確認できる。

「しかも、四本値や出来高などがリアルタイムで表示されるので、例えば『30分足で見て、当日の平均値を超えたら買い』というような注文も可能です。もっと複雑に移動平均を計算して、それを超えたら売買する、というような注文も通常のエクセルの計算式をつくるのと同じ感覚でできるので、複雑なプログラムを組むことが難しい初心者の方でも簡単にシステムトレードができます」




シンプルなロジックならエクセルが能力を発揮


とのことなので、システムトレードの開発・販売、そして普及のための教育活動などを行っている西村貴郁氏に見てもらった。


「これは面白いツールですね。シンプルなシストレのロジックであれば、エクセルの計算能力の高さが断然生きるでしょう。初心者の方にとってエクセルでシストレができるというのは敷居が低いし、初期投資が必要ないのが魅力。シストレ人気が爆発する起爆剤になるかもしれませんね」

しかし、シストレ初心者にとって一番の問題は、いったいどんなロジックでシステムを稼動させればいいのかがわからない点だ。そこで今回は、西村氏に「岡三RSS」を使って検証可能なロジックを考えてもらった。

「初心者向けということで、複雑な計算を必要とするロジックではなく、四本値を使うもので考えました。水曜日は日経225先物が寄り天の確率が高いことと短期の逆張りの発想、そして時間を指定して決済することもできるので、持ち越さずに当日必ず決済するという条件を組み込んだ、できるだけシンプルなものにしました」

そういって教えてくれたのが上の表にあるロジックだ。'03〜'09年3月9日までの日経225先物(ラージ)1枚で売買した場合のバックテストをした結果、1〜4のどれもが有効で、4番目のロジックでは約6年間で約760万円の利益が出ている。ただし、これはあくまでバックテストの結果なので、必ず自分で検証してから使用するかどうかを判断してほしい。

ほかにも、エクセルの計算能力を考えれば、日経平均採用の225銘柄の株価をリアルタイムで取得し、それを日経平均の算出する計算式に当てはめれば、1分ごとに更新される日経平均株価を先読みできる可能性があるかも!?

今回紹介した「岡三デスクトップ」と「岡三RSS」は、4月中旬に正式リリース予定で、当分は岡三オンライン証券の口座開設者なら誰でも使用できるとのこと。職場での簡単シストレで、大荒れの相場で利益を目指そう!

[PR]



岡三オンライン証券
http://www.okasan-online.co.jp/
創業85年を誇る岡三証券グループ。日本株や日経先物、中国株、FXなど、幅広い商品ラインナップに加えて、日経225先物(ラージ)が420円など、各商品の手数料は業界最低水準を誇っている


システムトレーダー
西村貴郁氏
税理士法人を経て、システムトレードの開発、販売を行う投資顧問会社ウエストビレッジインベストメントを設立。著書に『トレードステーション入門』のほか、セミナーDVD(ともにパンローリング)も多数。
http://www.wvi.jp/



DVD『システムトレード 日経225的FXの検証〜日経225とFXの市場分析〜』