2011/11/8 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は下値での介入警戒感が根強い一方、上げ材料も乏しいことから、東京市場では78.10円付近で明確な方向感に欠ける展開となりました。欧州市場に入ると、ユーロ圏を中心としたリスク回避の円買いによって、じり安となりましたが、米国の経済指標なども予定されていないことから、依然として狭いレンジ内での取引が継続。NY市場に入っても、リスク回避の動きが継続となりましたが、78円の大台割れでは下げ渋る状態が続き、78円前半で膠着状態のまま、78.054円(前日比:-0.180円)で取引を終えました。

ユーロ円は、イタリアの債務問題に対する不透明感が重しとなり、東京市場では徐々に値を下げ107円半ばまで下落しました。欧州市場では、イタリア国債の利回り上昇やユーロ圏小売指標が市場予想を下回ったことを背景にリスク回避の動きが加速。日本時間19時過ぎには安値となる106.854円まで下げ幅を拡大させました。NY市場に入るとギリシャの新民主主義党が連立政権発足に協力することで基本合意したなど、欧州の要人発言が聞かれたことが好感されて107円半ばまで買い戻されました。しかし、欧州圏の不透明感の強さから上値の重さが認識されると横ばい推移となったまま、107.531円(前日比:-0.280円)で取引を終えました。


≪2011年11月7日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り23% 買い77%
ユーロ・円  :「ブル」売り49% 買い51%
ユーロ・ドル :「ベア」売り82% 買い18%
英ポンド・円 :「ブル」売り48% 買い53%
豪ドル・円  :「ブル」売り27% 買い73%
NZドル・円  :「ブル」売り38% 買い62%

【今日の主な経済指標】
09:01 GBP 英小売連合(BRC)小売売上高調査[前年同月比] 10月
09:01 GBP 英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格指数 10月
09:30 AUD 貿易収支 9月
09:30 AUD NAB企業景況感指数 10月
15:45 CHF スイスSECO消費者信頼感指数 10月
16:00 DEM 経常収支 9月
16:00 DEM 貿易収支 9月
16:45 FRF 貿易収支 9月
18:30 GBP 鉱工業生産指数[前月比] 9月
18:30 GBP 製造業生産指数[前月比] 9月
22:15 CAD 住宅着工件数 10月



今日のトレードポイント


パパンドレウ首相の信任投票が可決されたことが好感されましたが、イタリア国債の利回りがユーロ導入後の最高水準を更新したことでリスク回避の動きが強まっており、方向感に欠ける展開となっています。本日も米経済指標などの発表を控えていないことから、欧州圏を中心とした要人発言や報道に注視した展開となりそうです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 77.00-79.50  ユーロ・円 106.50-109.00  ポンド・円 124.00-127.00



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」