鉄壁の「逆張りボリ平ドラゴン」に、フィボナッチを応用し+100%増!


「不自由な生活を強いられている被災地の子供たちには、おもいっきり遊んでほしい。だから、義援金でサッカーボールをたくさん買って贈りたいですね」

そう被災地の子供に想いを寄せ、「トレーダーとして何かできないかとずっと想い悩んでいたので、声をかけてもらって本当に嬉しい!」と、義援金カップに参戦してくれたボリ平氏。

自身も三児の母親として、被災地の子供たちのために、資金3000ドルを用意した。

「少しでも多く義援金を捻出したかったので、今回は200倍までレバレッジが可能な海外口座でトレードすることにしました」と意気込み、彼女の生み出した「ボリ平ドラゴン」で、多額の義援金獲得に挑んでくれた。



ボリ平ドラゴン逆張りパターンが火を噴く!



手法は「ボリ平ドラゴン」。まずボリンジャーバンドと平均足(4つの値の平均値をとった特殊なローソク足)、さらに一目均衡表の遅行スパンを表示させ、テクニカル分析を行う。

彼女の手法名「ボリ平ドラゴン」も、この3つのテクニカルに由来する。

「まず平均足で相場のトレンドを把握。今回はボリンジャーバンドを±4σまで表示させて、レートの動く幅をある程度予測しました。あとは、一目均衡表の遅行スパンが重要でエントリーポイントを探すのに使います。この動き方がウネウネとドラゴンっぽいので、ボリ平ドラゴンと命名しました」

遅行スパンは、平均足よりも26本後ろに表示される。そのローソク足の間をウネウネしている様は、まさに空を泳ぐ龍が如く。

「ボリ平ドラゴンには、順張りと逆張りの2つのパターンがあるんですが、今回はレンジ相場が多かったので、逆張りのボリ平ドラゴンでばかりトレードしていました。まずは平均足でトレンドを見極めた後、遅行スパンのドラゴンがボリンジャーバンドの±3σを抜け出るまで、ひたすら待ちます。もし遅行スパンが抜け出て再びボリンジャーバンド±3σのラインの中に戻ろうとする動きがあればチャンス。ドラゴンが首をかしげたようなラインを描いたら、そこを逆張りで狙うわけです」

順張りなら、トレンドの変わり目を狙うので大きな利幅を狙えるが、逆張りは深追いしない。さらに±4σにタッチするかを見定め、精度を上げて着実に利益を上げて行く。

「逆張りエントリーのときは、1分足と5分足を見て、スキャルピング。小さな利益でも着実に狙ったほうがいいですね。あまり長くポジションを持ち続けると、反対方向にトレンドが発生するケースもありますから、気をつけて」




ボリ平

名古屋のスゴ腕女性トレーダー。OLとして働く傍ら、さまざまなトレード手法を研究。「ボリ平ドラゴン」、「ロンドンコーリング」など数々の手法を生み出し、ブログで公開中
http://fxlife30000.blog41.fc2.com/