2011/9/30 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は序盤、本邦輸出企業からのドル売りが観測され76.40円付近まで弱含む場面が見られたものの、日経平均が底堅く推移したことが支えとなり76.50円付近での小動きとなりました。欧州市場に入ると、福島県浜通りで震度5強の強い揺れが観測されたことにより、一時的に円売りが強まったほか、独連邦議会での欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の拡充に関する承認投票が可決されたことで、リスク選好の円売りが優勢となり76.80円付近まで上昇。NY市場では、米新規失業保険申請件数が39.1万件と市場予想の42.0万件より強い結果となったほか、米四半期実質国内総生産(GDP)が1.3%と予想の1.2%より強い結果となったことで77.021円まで強含む展開に。しかし引けにかけて、NYダウが前日比マイナスに転じたことから、リスク回避の円買いの動きとなり76.796円(前日比:+0.262円)まで小幅に値を崩し取引を終えました。

ユーロ円は、前日のNY市場でのユーロ売りが一服し買い戻しの流れになると、東京市場にかけて104.35円付近まで上昇。欧州市場では、独連邦議会が欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の機能拡充法案が賛成多数で可決されると、欧州を取り巻く信用不安が後退したことから、ユーロ買いが強まり104.80円付近まで上値を伸ばしました。しかし、NY市場では強い米経済指標を背景に104.922円まで一段高となったものの、NYダウが上昇幅を縮小したことを受けて、投資家のリスク回避姿勢が強まるとの見方から104.329円(前日比:+0.677円)まで上値を削り取引を終えました。


≪2011年9月29日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り15% 買い85%
ユーロ・円  :「ブル」売り40% 買い60%
ユーロ・ドル :「ベア」売り53% 買い47%
英ポンド・円 :「ブル」売り25% 買い75%
豪ドル・円  :「ブル」売り 8% 買い92%
NZドル・円  :「ブル」売り15% 買い85%

【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 新設住宅着工戸数[前年同月比] 8月
15:00 DEM 小売売上高指数[前月比] 8月
15:00 DEM 小売売上高指数[前年同月比] 8月
15:45 FRF 卸売物価指数(PPI)[前月比] 8月
15:45 FRF 消費支出[前月比] 8月
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前期比] 4-6月期
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前年同期比] 4-6月期
17:30 GBP 四半期経常収支 4-6月期
18:00 EUR 消費者物価指数(HICP、速報値)[前年同月比] 9月
18:00 EUR 失業率 8月
18:30 CHF KOF景気先行指数 9月
19:00 JPY 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
21:00 ZAR 貿易収支 8月
21:30 CAD 月次国内総生産(GDP)[前月比] 7月
21:30 USD 個人所得[前月比] 8月
21:30 USD 個人消費支出(PCE)[前月比] 8月
21:30 USD 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)[前月比] 8月
22:45 USD シカゴ購買部協会景気指数 9月
22:55 USD ミシガン大学消費者態度指数・確報値 9月



今日のトレードポイント


本日のイベントは英四半期国内総生産、ユーロ圏消費者物価指数、ユーロ圏失業率、米個人所得、米個人消費支出、米シカゴ購買部協会景気指数、米ミシガン大学消費者態度指数など複数の指標発表が控えており、結果の強弱に伴うリスク許容度の変化に注目したいでしょう。また、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)に関する動向にも注視しておきたいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 76.00-77.50  ユーロ・円 103.00-105.50  ポンド・円 118.50-121.00


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」