これまで数多くのFXトレーダーに取材をし、理想を追い求めてきた小誌編集部。しかし、なかなか自分に見合ったトレードスタイルを構築できずにいたなか、「ほったらかし投資」という最終兵器にいきついた。驚異のハイパフォーマンスを誇るトラリピの真価と魅力を、小誌編集部がこの1年、徹底取材する!




SPA!編集部員も実証。ほったらかしでも驚愕の好成績の「トラリピ」


「いやぁ、5か月で161万円も儲かっちゃいました!」とホクホク顔で語るのは、SPA!編集部のY。Yは大学で数学を、大学院では金融工学を専攻し理論だけはバッチリのはずだが、なぜかトレードセンスはゼロ。そんなYが、なぜ勝てるようになったのか?

「最初に注文を設定したら、あとはほったらかしで勝手に取引してくれる『トラリピ』が正解なんです」(SPA!編集部のY)

よもや放置こそが投資における勝利の方程式だったとは盲点……。

トラリピが福音をもたらしたのはYだけではない。昨年8月にトラリピを開始した本誌副編集長のKも、約10か月で98万円以上もの利益を得るなど、編集部内に "トラリピブーム" が到来しているのだ。

しかし、トラリピとは一体?

「トラリピを理解する秘訣は『トラップ』と『リピート』、そして『イフダン』という3つのキーワードにあります」(同)

為替市場は一定の幅で上がったり下がったりを繰り返すレンジ相場が7割といわれる。ここにトラリピの秘密がある。

「1ドル=80円から82円のレンジが続いているなら、80円で買って81円まで上がったところで一旦利益確定、81円で買って82円で利益確定といった注文を一括で発注することができればラクですよね。こうした一定のレンジ幅のなかに、複数の注文を仕掛けるのが『トラップ』です」(同)

ただ、ここには弱点も。行ったり来たりする相場で逐一注文を入れるのは、なかなか手間だ。

「それを補ってくれるのが『イフダン』と『トラップ』。『イフダン』は『○円で買えたら、×円で決済する』のように、新規で買う値段を指定するとき、同時に決済の値段もあらかじめ指定できるというもの。そして、『81円で買えたら、82円で決済』『80円で買えたら、81円で決済』と値段を変えて複数の注文を一括して発注できるのが『トラップイフダン』。これなら、たくさんの注文を簡単に入れておくことができるんです」(同)

しかしこれだけだと、行ったり来たりする相場で一度しか取引できない。

「それを補うのが3つ目のキーワードの『リピート』。トラリピではイフダン注文が新規と決済の1セットを完了すると、自動的に同じ注文を再発注してくれます」(同)

トラリピは「トラップ」「リピート」「イフダン」の3つの自動発注機能を合わせたもので、「トラップリピートイフダン」の略のこと。では、トラリピに死角はないのか。

「僕もK副編集長もユーロ/円の買いで注文を設定しました。ユーロといえばギリシャ危機の渦中にある通貨。ユーロ急落の場面ではトラリピの新規注文が次々に約定し含み損を抱えたことがありますが、資金管理にさえ気をつけていれば、一時的に含み損を抱えても、いつかは相場が戻ってきて利益確定できるんですよ」(同)

これまでも多くの方法論にアプローチしてきた本誌が、総力を挙げてトラリピトレーダーの手法を徹底取材し、1か月に1回、全8回にわたりトラリピの真価と魅力について検証する。ほったらかしでも驚愕の好成績を収めるトラリピ。悩めるFXトレーダーは刮目すべし!



「トラリピマスター」たちによるトレードバトルを開催!


トラリピは実際に儲かるのか。

それには、個人投資家の成績を見てみるのが一番。そこで、「誰がどれくらい儲かっているのか」を競う「トラリピ誌上バトル」を開催!

今回集まったのは3人。いずれ劣らぬトラリピ使いだが、その使い方は個性豊かだ。トラリピマスターの2大勢力は「放置派」と「裁量派」。注文を設定したら放置するか、自分の判断で積極的に注文内容を変更させるか、放置はたしかに楽チンだけど、裁量を加えるともっと効率的になるしと、一長一短がある。

本業で激務に追われるトラリピ犬氏はほぼ完全放置だが、150万円の資金が1年半で600万円超にまで増えた。

対照的に積極的に裁量を取り入れているのは5月に23万円の利益をあげた、さーにゃ氏。

トラくま氏は月1程度のメンテナンスを行う中間派だが、今年2月から始めてすでに10万円超の利益を出している。

通貨ペア選びや利食い幅、トラップ幅の設定、資金管理など、使い手の個性が色濃く表れるトラリピ。それが、バトル結果にも多大な影響を与えるのは間違いなし。今後は好成績を残したトレーダー、または最もトピカルなトレードをしたトレーダーをピックアップして、その手法やトレード履歴を紹介していく。

トラリピを徹底的に掘り下げた『SPA!』ならではのトラリピ企画に乞うご期待!