2011/8/30 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、早朝の薄商いのなかで一時76.81円まで上昇したが、買いが長続きせず民主党の代表選挙を控えて様子見ムードになると76円台後半でのもみ合いとなった。その後の代表選挙では、決選投票によって野田新代表が選出されたものの、為替相場への影響は限定的であった。欧州市場に入ると、英国がサマーバンクホリデーで市場が休場になったため、市場参加者の減少から大きな動きは見られず76.60円前後での小動きに。NY市場では、米個人消費支出が0.8%と市場予想の0.5%を上回ったほか、米東海岸を襲ったハリケーンによる被害が予想を下回ったことでNY株式は買いが先行し、リスク選好の地合いから77.011円まで上昇した。引けにかけて、短期筋から利益確定の売りが散発的に入り76.836円(前日比+0.175)まで小幅に値を崩し取引を終えた。

ユーロ円は、東京市場にGLOBEXのNYダウ先物の上昇を受けて、ユーロに仕掛け的な買いが入り111.60円付近まで上昇したものの、買い一巡は一転して売り戻す動きが優勢となり110.10円付近まで反落し「往って来い」の展開となった。欧州市場に入ると、英国の銀行休業日で市場が休場になったほか、新規取引材料も乏しかったため110.10円前後での揉み合いに。NY市場では、NY株式が250ドルを超える大幅上昇となったほか、強い結果となった米経済指標を受けて、投資家のリスク志向の高まりからユーロ買いが優勢になると111.930円まで上昇した。しかし引けにかけて、心理的な節目である112.00円を前に上値の重さを確認すると111.502円まで上値を切り下げ前日比:+0.404円で取引を終えた。

≪2011年8月29日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り14% 買い86%
ユーロ・円  :「ベア」売り43% 買い57%
ユーロ・ドル :「ベア」売り89% 買い11%
英ポンド・円 :「ブル」売り24% 買い76%
豪ドル・円  :「ブル」売り22% 買い78%
NZドル・円  :「ベア」売り44% 買い56%

【今日の主な経済指標】
15:00 ZAR マネーサプライM3[前年同月比] 7月
17:30 GBP 消費者信用残高 7月
17:30 GBP マネーサプライM4[前月比] 7月
17:30 GBP マネーサプライM4[前年同月比] 7月
18:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 8月
18:30 ZAR 四半期国内総生産(GDP)[前期比年率] 4-6月期
18:30 ZAR 四半期国内総生産(GDP)[前年同期比] 4-6月期
21:30 CAD 四半期経常収支 4-6月期
21:30 CAD 鉱工業製品価格[前月比] 7月
21:30 CAD 原料価格指数[前月比] 7月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数 6月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比] 6月
23:00 USD 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 8月
03:00 USD 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨



今日のトレードポイント


本日は、英マネーサプライ、ユーロ圏消費者信頼感、米ケース・シラー米住宅価格指数、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録と複数のイベントが控えています。なかでも、FOMCの議事録は26日にバーナンキFRB議長が9月のFOMCを2日間に延長して追加金融緩和策(QE3)を検討すると表明しており、QE3のポイントになるとの見方もあり注目を集めそうです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 76.00-79.00  ユーロ・円 109.50-113.00  ポンド・円 124.50-128.50



---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」