美人ママ投資家の弟子として、FXで勝てるライターに成長したヤマネ。
そんなとき、師匠のトレード環境が大幅に進化したという情報をキャッチし、
久しぶりに師を訪ねることに。
すると、そこには8面ディスプレイを前に微笑むMayuhime氏が!
デイトレードに加え、スキャルピングでも利益をたたき出す、
美人ママの極上テクをご覧あれい!




パターンが見えたときのみ参加。そのとき有効なラインを探せ!


【ヤマネ】 師匠、お久しぶりです。しばらく会わないうちにトレード環境がとてつもなく進化したってブログで読んだんですけど。

【マユ】 うふふ。これです(右の写真)。スゴいでしょ、8画面です。

【ヤマネ】 全部見てるんですか?

【マユ】 全部見てますよ。画面1は4時間足や1時間足で大きな流れを確認。3と7はユーロ/円で、4、6、8はポンド/円。5はユーロ/円やポンド/円を切り替えてます。2は今後、メインの通貨がトレードしにくい相場の時に、ほかの通貨がきれいなチャートを形成していたら取引したいなと思って、オージーやカナダドルを表示しています。特にスキャルピングは、入る時も出る時も見るポイントがいろいろあるので、画面が多くあると便利なの。

【ヤマネ】 そうそう。今日はスキャルの話でした。師匠は、どういう時にスキャルをしてるんです?

【マユ】 基本はデイトレだけど、1日に何回もエントリーチャンスがあるわけじゃないし、私が見ている間にチャンスが来るとも限らない。だったら、待っている間にスキャルの条件がそろったら、ちょこちょこ稼いでみようかと。

【ヤマネ】 スキャルの条件とは?

【マユ】 Mayuhime流は、移動平均線の跳ね返り狙いと、サポートやレジスタンスの抵抗線を利用したスキャルです。

【ヤマネ】 移動平均線の跳ね返りは、基本中の基本、75SMAでの跳ね返りっすよね。跳ね返りのパターンが出ているきれいなチャートを形成していて、その上で跳ね返ったら買い、下で跳ね返ったら売り。

【マユ】 そうそう。短時間の値動きを把握するために1分足で見て、75SMAに当たったらエントリー、跳ね返ったらすぐに利確というイメージです。この手法はトレンドが発生している時に有効ね。



抵抗線の跳ね返りを逆張りで狙え!!



【ヤマネ】 移動平均線の跳ね返りは順張りで、デイトレと同じですよね。何か違いはあるんですか?

【マユ】 デイトレでは利を伸ばすことを考えるけど、スキャルは利確が第一。トレンドが出ている時は上げ下げの山と谷が何回も繰り返されるから、その1回の上昇や下降をとらえる感覚でエントリーと利確をしてしまうの。少しでも利益が出たらすぐに利確、逆に振れたらすぐに損切り。デイトレではポンド/円だと100pipsとかも狙うけど、スキャルは数pips〜20pipsだけです。

【ヤマネ】 ふむ。もう一つの手法、抵抗線狙いは逆張りっすか?

【マユ】 そう。例えば、上昇してきても抵抗線があるところをスコーンと抜けることはあまりなくて、一度は跳ね返される可能性が高いの。そこを逆張りで狙っていくわけ。特に、いろいろな抵抗線が重なっているポイントは、跳ね返される確率がより高くなるから狙い目。でも、逆張りなのでちょっと落ちた瞬間にすぐ利確です。ここで欲張ると、いつ逆に振れるかわからないから危険です。

【ヤマネ】 師匠がスキャルをよくやる時間帯ってあります?

【マユ】 スキャル向きのチャート・パターンは、ロンドン時間が終わって深夜2時から5時までのニューヨークだけの時間帯に出やすいですね。私は娘のhimeを寝かしつけてそのまま寝てしまうことが多いので、あまり参加できませんが(笑)、ふと深夜に目が覚めた時に、きれいなチャートを形成していたらスキャルをしてみます。でも、時間帯より大事なのは、1分足できれいなパターンを繰り返しているかどうかね。繰り返していたら、少ない利益で回転数を上げていく。パターンが出ていない時は、無理をしないで様子を見る。一般的なスキャルだと、さあやるぞと思ってすぐにできるものだと思うけど、私の場合はパターンが出ていなければやりません。
【PR】取引手数料0円 FXブロードネット





☆新刊本『FXママの子育てしながら月収100万円マル秘テク』amazonにて予約受付中☆






Mayuhime
ポンド/円のデイトレードで1日平均3万〜5万円、
月に100万円以上の利益をたたき出している、FX歴2年の美人ママ。

Mayuhime氏が、自らのトレードをリアルタイムで公開しているブログ。
記事やコメントを完全読破した読者から、「勝てるようになった」という御礼が殺到
http://mayuhime2008.blog82.fc2.com/





ヤマネ
リーマンショックを機に、Mayuhime氏のブログでFXを猛勉強。
開設当初の記事やコメントから読み返し、勝てるようになったので、勝手に弟子を名乗る