リスクを抑えて2倍高を狙う堅実派

藤本壱氏のボロ株戦略




銘柄選びのポイントは企業の利益性を重要視!
"ボロ株"でも堅実に儲ける




低位株投資ではPBRを指標にする投資家が多いが、藤本氏が重要視するのはPERだ。

「PERは20倍前後が一つの基準になるので、それと比べて極端に高いか、低い銘柄は避けるべき。あと同業他社との比較もしてください」

また、中長期保有の場合は有利子負債の額もチェックしておく。

「今は低金利でも将来金利が上がれば負債の金利負担で利益を圧迫。株価の下落が考えられるからです」

ほかに確認しておきたいのが配当利回り。短期売買なら気にしなくてもいいが、「最近は配当を引き上げる低位株が増えている。異常な配当利回りを設定し、市場から資金を集めて減配、無配なんて可能性もある」のが低位株だ。

「リスク回避には、分散投資も有効。ポイントは業種の異なる銘柄を持つこと。低位株なら限られた資金でも分散投資しやすいはずです」























藤本 壱氏

ファイナンショルプランナーの資格を持つマネーライター。
著書に『はじめてでも儲ける低位株投資戦略』(自由国民社刊)