[その4]商材EAでもカスタマイズ次第で利益は出せる!



「自動売買」で思い浮かぶのは、情報商材として販売されている怪しげなEA。「本当に儲かるなら他人に売るわけがない」とも思えるが、実はそうでもないらしい。

「確かに私が過去に試した30〜40のEAも、9割は失敗でした。過度にカーブフィッティング(一定期間で利益が出るようルールを最適化)してたり、宣伝文句のバックテスト結果そのものが偽物というケースもあった。でも、昨年できた『トレサポ』(http://trsp.jp/)では、商材系EAをテストしている人がたくさんいて、今はそういうEAの本当の実力を調べてから買えるようになっています。気になったEAがあれば、『EAの名前+売買履歴』でグーグル検索すれば、トレサポでのテスト結果が表示されるので、ある程度の実力はわかりますよ」

こう語る商材系EAの検証ブログを運営するfx-seeker氏は、’08年からEAを使い始め、最初は大損したものの、今では着実に利益を上げられるようになった。

「半年ほど前、永遠に使えるEAはないけど、相場の変化によってメンテナンスや最適化をすれば負けないトレードはできると気づいたんです。それからは、3回連敗したらEAの使用をやめて、メンテナンスするようにしています」




FX業者のキャッシュバックを利用すれば儲かる!



しかも「負けない」トレードをすれば「資金は増える」という。

「海外にはトレード毎にスプレッドのうち0.5〜1.5pips程度をキャッシュバックするFX業者が多くて、そういう業者を利用すれば、トレードするたびに資金は増える。例えば、一日10回、各5万ドルずつトレードした場合、キャッシュバックが1万通貨につき1pipsなら50ドル。1か月で1000ドルにもなるんです」

毎回勝たなくてもトータルでプラスマイナスゼロにできれば、売買枚数分のキャッシュバックで資金が増えるのだ。5万ドルの売買をする場合、必要証拠金は5000ドル(約42万円)程度だという。

「トレサポで『PF2以上』『大きなドローダウンがない』『3か月以上、安定して動いている』というEAを探し、自分でも短期(3か月)、中期(3年)、長期( 10年)とさまざまな期間でバックテストして、現在の相場に最適化すれば、簡単には負けなくなるはず」


FX-seekerのトレド日記:http://ameblo.jp/fx-seeker/

商材系EAの実力をfx-seekerさんが検証、報告しているブログ。自身で実際に利用した結果を公表し、宣伝文句に書かれた内容と実運用での成績などを比較している。海外FX業者の情報も