【04:00】

NYダウが一方向に 大きく動く日もある 最後の1時間で 奇跡の大逆転なるか



NYダウはいったん8475も抜けたが、4時直前に失速。8461で10枚だけ利食いした。

「売るかどうか迷ったときは半分だけ利食いすると落ち着くんです」

そしてすぐに8480の高値ブレイクに逆指値で30枚の買い注文。 「今日はキレイに下値を切り上げてきているし、ここを抜ければ最後まで行きそうなんですけどね」

39分、8477で10枚買うが、直後に8460まで下落。「高値タッチで下がんの?」と言いながら、今度は8450で50枚、下落に備えて逆指値でドテン売り注文を入れる。自分の予想を妄信せず、あくまでトレンドに素直だ。注文発注直後、NYダウは上昇を開始し、49分には再度8480を抜けて30枚の買い注文が約定。買いポジションの合計は50枚だ。その後はするすると上昇して51分には8487に。

「ここまで来たら8500は乗せるはず。問題はそのあと。夢見ていいのかなぁ……胃が痛くなってきました。モニター見たくないんでトイレ行ってきます(笑)」

トイレから戻ってきた直後の56分、ついに8500を超えた。そして4時59分、利食いを開始。平均8506・6で利益を確定し、最後の1時間半で約14万8000円を取り返した。

「結局、最初に買ったポジションを持っていれば150ドルくらい抜けてましたね。でも、レバレッジがかかってると持ってられない。一番最後も300万円に戻したい気持ちもあって、ポジションを増やすこともできたけど、無理をしたら負けるのでやめました」

時間はもうすぐ朝の6時。口座残高は295万8119円で、4万1881円の負けという結果で24時間トレードは終了した。

「日本株では2勝1敗1分け、NYダウでは3勝3敗だけど金額では勝ってる。結局、ヨーロッパ時間に売買したポンド円で2敗して負けた10万円が痛かったですね。無闇に勝負するんじゃなくて、得意な銘柄を得意な時間にトレードしないと勝てないですね。誰ですか、24時間トレードなんて言ったのは! あ、オレでしたね(笑)」

事務所の窓からは徹夜の目に染みるほどの光が差し込んでいる。
「いやぁ、本当に疲れました。でも、24時間やるのも楽しいですね。今度は誰かと対戦してみたいなぁ」
取材当日から扁桃腺が腫れて熱を出し、4日も会社を休んだ三空氏。24時間、本当にお疲れ様でした!









三空氏
日本株で2億円稼ぎ、現在はCFDのセミナー講師も務めるデイトレーダー。
ブログ「CFDで世界デイトレ」では日々のトレードを解説。
(http://finance.toremaga.com/inspecial/39/)
「カブトモネット」も必見