3000万円をCFDで稼ぎ出した カリスマトレーダー三空氏が、 丸一日休まずいくら勝てるか 無謀な挑戦を敢行!




世界中の個別株や株価指数、通貨、コモディティなどをFX感覚で24時間トレードできるCFD。眠らないマーケット相手に、眠らずに勝負を挑めばどうなるのか?
今回、そんな無謀な挑戦に、カリスマトレーダー三空氏が名乗りを上げた。しかも、資金はリアルマネー300万円!果たしてどんな結末が!?


24時間、好きな時間にトレードできるCFD。
それが可能なのは、時差を利用して世界中の市場でトレードができるからだ。
日本時間の早朝にオセアニア市場が始まり、朝9時以降は日本やアジア諸国、夕方にはヨーロッパ、
夜10時半にはアメリカ、そしてまたオセアニア……と、
世界各国の市場が開く時間には時差があるので、
常に何かのレートは動いている=投資機会があるというわけだ。
「24時間できるなら、24時間やってみようかな」
という三空氏の言葉を聞き逃さなかった小誌は「ぜひ!」と即決。
5月某日の朝6時、三空氏の24時間耐久トレードが始まった!




【06:00】

月曜日の朝6時、
24時間トレードは まずは前週の復習 からスタート!


トレード開始は月曜日の朝6時。「いやぁ実は夜眠れなくて、すでに徹夜なんですよ(笑)。先週は忙しくてあまり相場が見られなかったので、まずは復習からですね」

三空氏は前週金曜日のNYダウの値動きと、アメリカの経済指標の結果をチェック。さらにGoogleリーダーに登録したニュースサイトや投資ブログで相場に関する情報を読みまくる。また、ヤフーファイナンスで前週金曜日の値上がり率や値下がり率、出来高などが上位の銘柄もチェック。前週、新型インフルエンザのニュースで持ち切りだったので関連銘柄の値動きも確認する。

「アメリカの指標はよかったみたいですね。でも、原油が下がったからNYダウも反落で終わったようです。日経はどうかなぁ」
相場を予測するのではなく、動いたほうに乗るのが三空氏の手法。その間、ドル円などの為替、NYダウ、日経225などの値動きをチェックするが、方向感が出ていないために様子見が続く。

値動きがある銘柄を売買しないと勝てないんで。でも、CFDは225採用銘柄だけだから、インフルエンザ関連のダイワボウは買えないんですよね。225採用銘柄の紡績は……東洋紡績か」
さらに場中決算があるかどうかなどを調べているうちに8時20分になり、気配値が出た。ダイワボウはストップ高気配だ。


【09:00】

日本市場がスタート。
まずはインフルエン ザ関連の東洋紡績に 狙いをつける


ついに前場が開いた。三空氏は4つのモニターのうち2面にCFDの画面、1面に楽天証券のマーケットスピード、1面にブラウザを表示してトレードにのぞむ。

「マケスピなら225採用銘柄以外もチェックできますし、値上がり率ランキングなどもリアルタイムでわかるのが便利ですからね」

市場が始まったが値動きは鈍い。インフルエンザ関連は?

「東洋紡績は寄り付きで10%くらい窓を開けて上昇したけど、そこから誰も買わない。でも、買い板はしっかりしてます」

と言っているうちに、東洋紡績が上昇開始。すかさず9時15分に157円で1万株買い。「来い!」とモニターに向かって叫ぶ三空氏だが株価は反落。19分に始値の154円まで下がった時点で損切り

「一発大きな買いが入れば、160円までは行きそうですけどね」

26分、値動きを見ていた三空氏は155円で再び1万株を購入

「今、マケスピで見ていたシキボウが仕掛けられて上昇したから連動して東洋紡績も来るかなと」

しかし東洋紡績は動かず、むしろ下げる場面も。10分以上持ったが上がり目がないと判断し、38分に155円で同値撤退することに。

「新型インフルエンザ関連は、もう飽きられてきた感じですね」

動きがある銘柄を探していると、前週金曜日に「'09 年3月期の最終損益が3789億円の赤字」と発表して下落していたパナソニックに動きがあった。いったん反発した後、また下がり始めたのだ。そこで50分、直近安値を更新した1343円で1万株売り

「信用取引だと空売り規制で5000株までしか売れませんが、CFDだと関係ないのがいいですね」

55分に1340円で買い戻したが、直後に1327円まで急落。


「あ〜、もったいない! 損を取り戻すために慎重になりすぎた」

気を取り直し、銘柄を探すが原油、金などの商品や為替も動きは少ない。そんななか、三空氏が「これは!」と何か見つけた様子。「相場を"曲げる"ことで有名な株式評論家が『日経が失速する』とブログを更新しました!」

数分後、日経は見事に反転! 「やっぱりすごい的中率だ!」

結局、このまま前場が終了。CFDの日経225なら、前場と後場の間も売買可能だが「日経225はスプレッドが大きいし、個別株よりボラティリティが小さいから、普段からあまり売買しない」ということなので事務所近くのカレーラーメン専門店で昼食に。

事務所に戻ると、掲示板で「15時にムーディーズが日本国債の格付けを見直す」という情報を入手。
「日本国債の格付けが上がると円高+日経上げの材料になるでしょうけど、実際どれだけインパクトがあるのかは読めませんね」



三空氏
日本株で2億円稼ぎ、現在はCFDのセミナー講師も務めるデイトレーダー。
ブログ「CFDで世界デイトレ」では日々のトレードを解説。
(http://finance.toremaga.com/inspecial/39/)
「カブトモネット」も必見