アメリカからやって来た黒船FXコーチが、小誌女性編集者に世界一カンタンに稼げる「2trendy」理論を仕込んだ



FXどころか投資すら未経験の小誌女性編集者が、FXのカリスマ伝道者ロブ&ブラッドリーに弟子入り。北米最強にして世界一カンタンと言われる「2trendy」なら、ド素人でもFXで勝てる!?"

<Lesson 1:まずは2本の線を引いてみる!!>


【Y】ド素人でもできる“世界でいちばんカンタン”なFX手法を教えてもらえるってホントですか!?

【ロブ】Yes! 日本人はFXを難しく考えすぎ。ファンダメンタルズ分析を過度に……。

【Y】ちょちょ待って。私、ド素人なんですって! ファンダメンタルズ分析って何ですか。

【ロブ】ファンダメンタルズは、実体経済のこと。「日本経済は調子が悪そうだから、円を売ったほうがいいか」とかね。

【Y】それがダメなんですか。

【ロブ】ダメじゃないけど、短期的に見ると、為替はファンダメンタルズだけで動くわけじゃない。そこでテクニカル分析が……。

【Y】テクニカル? クロニクル?

【ロブ】テクニカル分析は市場の値動きだけに着目して、将来の値動きを予測する手法。でも、複雑すぎるテクニカル分析は不要だから心配しないで。ボクの持論は「トレード・ネイキッド」。「裸でトレードしよう」ってことだから。ご要望どおり、世界でいちばんカンタンな手法を今日は教えましょう。

【Y】私みたいなド素人でも理解できるくらいに?

【ロブ】やる気さえあれば。

【Y】それだけはありますっ!

【ロブ】じゃあブラッドリー、あとは任せた!

【ブラ】それじゃあ始めましょう、世界でいちばんカンタンな手法“2trendy”を。使うのは2つのチャートと2本のラインだけ。手始めに4時間足チャートを開いてください。そこに“ベースライン”を引くんです。チャートをパッと見て上がってると思ったら際立った安値と安値、下がってると思ったら高値と高値を結んで1本のラインを引く。ローソク足がラインからはみ出さないように注意して。


【Y】ヒゲの先端を結ぶんですね。

【ブラ】Yes! 4時間足にベースラインが引けたら、次は1時間足を開いて。このとき、4時間足に引いたラインが消えちゃうようなチャートソフトはNG。時間を切り替えたり、一度チャートを閉じてもラインが残るチャートを使ってください。

【Y】ブラッドリーさんは、どんなチャートを?

【ブラ】ボクが使っているのは“MetaTrader4”。誰でも無料で使えるから、おすすめだよ。1時間足でもやることは同じ。ベースラインと同じ傾きになるよう、ラインを引いてください。

【Y】引けました!

【ブラ】これが“エントリーライン”になります。これで2トレのセットアップは完了。あとはローソク足がエントリーラインを越えるのを待つだけ。その足がラインを越えて終わったら、次の足でエントリーです。カンタンでしょ?

【Y】ホントにシンプル。でも、この2本の線に、一体、どんな意味があるんですか?

【ブラ】ベースラインが意味するのは大きなトレンドの流れ。エントリーラインはより短期的なトレンドです。ベースラインがトレンドの巡航速度だとしたら、それよりも速いスピードで値が急速に動いているポイントを探すんだ。だから、エントリーラインはベースラインよりも急角度=速度が速いことが、2トレの必須条件。

【Y】エントリーラインが鋭角になるのがポイントなんですね。見た目で判断できるから、完全右脳派の私でもわかりやすい!
[PR]


[コーチ]
■ロブ・ブッカー氏
北米では知名度バツグンのFXコーチ。
その門下生は世界各地に3000人以上。
常に新たな手法の開発・普及に努めており、世のFX弱者救済に見を捧げている。

■ブラッドリー・フリード氏
ロブ・ブッカージャパン代表取締役。
ロブの一番弟子であり日本における伝道師役。9月にロブとの共著を日本で刊行予定。
http://robbooker.co.jp


[ド素人]
■本誌女性編集者Y
「逆指値って何?」「ロングって長期保有?」レベルの完全無欠のド素人。
マネー全般に不得手ながら、FXでの一攫千金を目指してロブ&ブラッドに弟子入り。