自己ルールを破った結果、しっぺ返しをくらう!


久々に大きな損切りをしちゃいましたよ……」と、話すのは、損切りをしない独自手法で、推定資産数千万円を持つだいぱぱ氏。

「僕の手法は、最初に買ったレートにナンピン係数の0.03をかけて、出てきた数値から1000通貨で買い増すだけ。大きなポジションを持たないから、資金が少ない人にもできる手法です」

だが、そのようにきっちり"ルール化"された取引を行う氏でも、一歩道を誤れば大失敗を招く。それは、氏が主催する資産の増減を競うトレード大会「だいぱぱ杯」で起きた。負けたくない一心から、大きく相場を張りたい誘惑に負けてしまったのだという。

「裁量トレードで、ロットを増やし過ぎてしまった。負けられないという思いが先行しちゃったんですよ。普段の10倍の枚数で取引していたんです」

しかも、値動きの激しい英ポンド/円に手を出したのだという。

「相場歴は長いから、大丈夫かなと思っていたけど、ダメでした」

また、ナンピンのスパンが短かったのも敗因だったと続ける。

「距離が短いと平均購入単価は下がらない。やっぱり、深い位置でナンピンをしないと意味がない」

結果として、"損切りをしない"ことがポリシーだった氏にしては珍しく、5万円以上の損切り。

「僕の手法は結局、1000通貨での取引がキモなんです。当たり前だけど、決めたルールを破ると負けますよ。それを痛感しました」



だいぱぱ

損切りを諦める「だいぱぱ手法」を編み出した兵庫在住トレーダー。ブログ上で行う「VSだいぱぱ杯」で、ほかの個人投資家たちとガチンコ勝負を繰り広げる