お得な優待がもらえて、かつ割安なバリュー株もたくさんある!

投資家としても狙い目の株を厳選!


シーボン【4926】JQ

中堅化粧品メーカー。'09年にジャスダックに上場したばかり。新規顧客獲得のほか、購入ポイントに応じたアフターサービスを提供することで販売機会を継続的に創出。着実に成長を重ねている。優待は100株以上から。非売品のサロンケアセット(このセットを使用したスペシャルサロンケアは女性限定)や、ボディーソープやボディ用美白美容液、ボディ用保湿ジェルのボディケアセットから選ぶことができる。権利確定日は3月末。「株価は1500円前後で推移していて、予想配当金は1株90円。優待として1万5000円相当の自社製品がつくので、優待を含めた実質利回りは16%超と驚異的。バリュー株投資としてもかなりの買い推奨銘柄です!」(W)とのこと。
株価1497円
最低投資額14万9700円
単元株式数100株
予想利回り6.01%
優待+利回り16.00%



キング【8118】大1

アパレル中堅メーカー。高品質のレディス商品を軸に展開。イタリアの老舗ブランド・トラサルディのライセンス事業も手掛ける。100株で1000円分の図書券がもらえるほか、6月と12月に行われる50%バーゲンへの招待状が贈呈される。図書券は3月確定。バーゲンは各3か月前に確定。「2万円の投資金に対して、実質利回りもかなり高い」(W)
株価230円
最低投資額2万3000円
単元株式数100株
予想利回り3.91%
優待+利回り8.26%



きょくとう【2300】JQ

100円という低価格でのクリーニング店を経営する企業。優待は100株以上保有で1000円分のクリーニング券かQUOカード。新規エリアにも積極的に出店。「後継者がいなくなったクリーニング屋を買い取り、居抜きでどんどん出店して業績を上げている企業。新規出店にかけるコストが小さく、リスクも低いので、現在急成長中の企業です」(W)
株価323円
最低投資額3万2300円
単元株式数100株
予想利回り3.41%
優待+利回り6.50%



フジ・コーポレーション【7605】JQ

オートバックスの販売子会社。東北・関東を中心にタイヤ、ホイールなどのカー用品の小売業を展開する。この不況のなかでも、WEB販売を伸ばし、着実に売り上げを積み重ねている企業の一つ。優待は1000株以上の保有で5000円分の商品券がもらえる。「三菱UFJニコスギフトカードなので、汎用性が高く使い勝手もいいです」(W)転売性も高そうだ!
株価396円
最低投資額3万9600円
単元株式数100株
予想利回り3.03%
優待+利回り4.29%



イフジ産業【2924】JQ

鶏卵を液卵・冷凍卵に加工し、菓子パンやケーキの材料として出荷。茶碗蒸しベースなど卵加工品も製造する。優待はユニークなたまごギフト券。100株以上で500円分もらえて、全国の主な百貨店やスーパーで使える。「鳥インフルエンザが沈静してから、業績が急回復。金銭的には実は大したことないギフトなんですが、親戚にあげるとすごく喜ばれます」(W)
株価389円
最低投資額3万8900円
単元株式数100株
予想利回り4.63%
優待+利回り5.91%


※最低投資額は'10年9月3日の終値で計算。
予想配当利回り=予想配当金÷'10年9月3日の終値。
優待+利回り=(予想配当金+優待内容を金額換算)÷'10年9月3日の終値



端株&隠れ優待裏ワザ


「単元株未満の端株と言われる1株株主でも優待を出す企業もあるんです」というのは前出のJACK氏。いわゆる端株優待は四季報にも載っているメジャーな存在で、前述の本田技研工業なども該当。とはいえ四季報と睨めっこするのは億劫だし、既に知られている端株優待に手を出しても旨みはないのでは?

「四季報にも載らない端株の隠れ優待が存在します。有名なのがカスミ。1株400円程度の購入でも、2キロのお米が年2回もらえたんです」(同)

残念ながらカスミの株主優待は昨年、対象が100株以上に引き上げられたが、端株の隠れ優待銘柄はまだまだあるという。

「アパレルのタキヒヨー【9982】(東1・名1、1株368円)自社製品7割引のセール招待状がもらえます」(同)

隠れ優待を探す裏ワザは、ズバリ「買ってみる」。JACK氏は隠れ優待探しのために500銘柄も保有しているという。

「1株200円〜500円ぐらいの銘柄ばかり。500銘柄合わせても、せいぜい30万円ぐらいです」(同)

1株の購入手数料は50円ほど。とはいえ、500銘柄ともなると、手数料は約2万5000円とバカにならないが……。

「楽天銀行の『ゴールドラッシュプログラム』を使えば、自分の口座に振り込みがあるごとに30円もらえます。1株でも2〜3円の配当がありますから、年2回の配当の振込があれば十分。合わせれば端株購入の手数料を相殺できますよ」(同)

ほぼコストがかからないなら、端株を片っ端から買いまくるのも一つの手かもしれない。

「あと、企業からの郵便物に『アンケートにお答えください』とあれば答えたほうがいい。QUOカードが来たりする場合が多く、かなりの確率で隠れ優待のシグナル。隠れ優待情報をネットで公開している人もいるので探してみては?」(同)

編集部の調査の結果、東京テアトル【9633】(東1、1株118円)の端株はホテル西洋銀座のレストラン20%割引券。CIJ【4826】(東1、1株272円)は500円分のQUOカードがアンケートの粗品としてもらえると判明。手間はかかるが試す価値はアリ!?