GFFの手法を解明!爆勝の秘密はローソク足、RSI、あるブログ情報



 GFF氏が「生ける伝説」になっているのは勝ちっぷりだけではない。その負けっぷりも衝撃的だ。

 7月14日、ポンド/円をトレードしていたGFF氏が保有していたポジションは1万6000枚のショート。1ポンド=135円換算で216億円分。1円下がれば1億6000万円の利益になる巨大なポジションだ。

 しかし、GFF氏の思惑に反し、ポンド/円は上昇を続け、「ニコニコ生放送」の生中継中に、135円40銭付近で強制ロスカットを食らってしまう。

 「くりっく365は市場取引ですからね、それだけ大きなポジションだと値がつかなくなるんですよ」

 GFF氏のポジションが強制ロスカットになった主観、ポンド/円のレートは表示されなくなった。そして1万6000枚をすべて決済するためにレートが数十秒で30Pipsほども上昇し、GFF氏は3億円の損失を計上した。

 「でも、10万円から増やした、言ってみれば泡銭だったわけですからね。最初に4億円持ってて3億円負けるのとは全然違いますよ。3億円失ったのは痛いですけど、しょうがないって感じでしたね」

 短期間で4億円以上を稼ぎ出したGFF氏のトレード手法がハイリスク・ハイリターンなのは当たり前。巨額の利益を得るためには、巨額の損失を覚悟する必要がある。




RSIにトレンドライン、を引く独自の手法を開発



 では、GFF氏が利益を叩き出してきたトレード手法とは?

 「2010年の4〜5月頃、ローソク足を見てたら、ヘンな形になったらそこに戻ってくることが多いのに気づいたんですよ。どんなローソク足かっていうと……(自分で書いた右図のローソク足を見せながら)、こういうローソク足が出るときがあるんですよ。ヒゲがなくて、ローソク足同士がピッタリ同じ位置で上昇してるんですけど、この形はなんかヘンなんですよ。こういうローソク足が出ると、もう一度、このヘンな部分まで戻ってくることが多いんです。何でかはわからないですけど。グフフ」




GFF氏
30歳。過去の投資歴は競馬、一口馬主と「株を少しだけ」。
豪快なトレードと訛りがある朴訥とした話し方で「ニコニコ生放送」で人気を博している。
平日はFXのトレード、日曜日は馬券を買うところを生中継している。
http://com.nicovideo.jp/community/co375049