1年半で最大400万円負けたダメ投資家が、
超新星爆発を起こしたのには理由があった!


10万円が一瞬で4億円以上に!
それはレバレッジが最大50倍に規制される直前に打ち上げられた、最後にして最大の打ち上げ花火だった。あるFXトレーダーがレバレッジ100倍の全力勝負を繰り返し、わずか1か月半で4億円を稼ぎ出したのだ。直前まで期間工だったFXトレーダーが起こした奇跡を追った!




レバレッジ規制直前、38営業日で4億3500万円稼いだ猛者が登場!




 「20歳から仕事を始めて、10か所くらい、転々と職場は変わりましたね。自動車工場の期間工をやったり、派遣で半導体の工場で働いたり。去年の7月に自動車工場を辞めて、失業保険で暮らしてたんですが、今年1月からは食品配送会社で仕分け作業をやってました」

 そう語るのは「ニコニコ生放送」でトレードを生中継しているGFF氏。その名前は「グレートFXファイナンシャリー」の略という説や「放送中に『グフフ』と笑うから」という説など諸説ある。

 「FXは’08年10月、リーマンショックで大暴落した翌日くらいに始めたんですよ。それから、給料は安かったですけど、毎月、FXの口座にはお金を入れてましたね。自動車工場で働いてた頃は寮と工場を行き来する生活で、お酒を飲んだり、遊んだりせず、仕事が終わったらずっとパソコンに向かってました。仕事中も気になって携帯でチェックしてましたね」

 しかし、資金はなかなか増えることがなかった。

 「1年半で400万円くらい負けました。去年11月のドバイショックのときは、5万円を300万円くらいにしたり、一時的には勝ったこともありますけど、でも、そのあとの反発で全部なくしました」

 しかし、GFF氏が覚醒する瞬間は突然訪れた。




わずか5週間で10万円が2億4000万円に!



 「今年の5月に税金の還付があって、16万円くらい口座に入金したんですよ。でも、強制ロスカットを食らって10万円くらいになって。でも、5月19日にですね、本当に突然ですよ。勝ち始めて。別にやり方を変えたとか、そういうわけじゃないんですけど、突然、その日を区切りに勝ち始めたんですよ」

 そこからの勢いは俄には信じられないほどだった。

 「いつもどおりやってただけなんですけどね。僕はくりっく365でやってるですけど、そのときはレバレッジ規制の前で、ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円がレバレッジ100倍だったんで、その通貨ばっかりやってました。ハイレバでも低レバでも、早いか遅いかだけで負けるときは負けるんで、だったら利益を取ったほうがいいんじゃないかって」

 6月24日には口座残高は2億4000万円を突破。

 「その辺は毎週1億円勝ってたんですよ、グフフ」

 7月2日には3億2800万円、7月9日には4億5300万円へと口座残高はありえない上昇カーブを描いていた。10万円から、わずか38営業日のことだった。

 その後、後述する多額の強制ロスカットを手始めに、何度も巨額の損失を出し、9月上旬には資産は1億円を割るまでに減少した。

 しかし、GFF氏が起こした奇跡を「まぐれ」や「強運」で片付けるわけにはいかない。奇跡を起こした手法を探っていこう。



GFF氏
30歳。過去の投資歴は競馬、一口馬主と「株を少しだけ」。
豪快なトレードと訛りがある朴訥とした話し方で「ニコニコ生放送」で人気を博している。
平日はFXのトレード、日曜日は馬券を買うところを生中継している。
http://com.nicovideo.jp/community/co375049