CFD特別セミナー開催決定「勝てるCFD投資!」



ポストFXとして投資家の熱気冷めやらぬCFD。そんなCFDにおいて"CFD指南書の決定版"と噂される『FX投資家のための勝てるCFD投資』の出版を記念して、FXオンライン・ジャパンと本誌による特別セミナーが決定した。その噂の本の中身とは?また特別セミナーの内容とは?





4人のCFD達人がパナルディスカッションに終結!


 CFDの実績世界ナンバーワンであるIGグループのFXオンライン・ジャパンとエンスパ編集部のコラボによるCFD指南書『FX投資家のための勝てるCFD投資』。同書はすでにトレーダーたちの間で話題沸騰中だが、この本の出版を記念して共同開催による特別セミナーも企画された。

 日時は2011年1月22日(土)。会場は東京新宿NSスカイカンファレンスで定員は250名。パネルディスカッション形式で、講師には同書に登場する5氏のうち杉田勝、ランケンの両氏と、1ヶ月にCFDで4000万円稼いだカリスマトレーダーの三空氏、ブログが1日6000人を超えるアクセスを記録したFXブロガー・サラ(Sarah)氏がパネラーとして登場する。

 当日は先着100名様に本書をプレゼント。またパネルディスカッションのほかにも、CFDに関するどんな疑問にも講師が答えるライブセッション(質問内容は申し込み時か、当日、挙手にて)、FXオンライン・ジャパンのスタッフによる相談コーナーも設けられている。

 このセミナー「FX取引してきたが、CFDにも興味はある。でもどうやったらいいかわからないので踏み切れなかった」というトレーダーにとっては、CFDに親しむまたとないチャンスではないだろうか。



パネラー・杉田氏の「PF戦略」とは?


 セミナーではパネラーの布陣もかなり強力そうだが、CFDへの投資経験がないトレーダーには今一つ馴染みが薄いかもしれない。ということでセミナーの予習として、『FX投資家のための勝てるCFD投資』でも取り上げている。「FX先生」こと杉田勝氏の「PF戦略」のサワリを紹介しよう。

 ファンドマネージャーとしての経験がある杉田氏は、「卵はひとつのカゴに入れるな」といわれるように資産を分散させてリスクを減らすポートフォリオ(PF)理論をCFDにもあてはめてみた。

 杉田氏によれば、CFDの銘柄には、ダウ平均と日経平均のように値動きがよく似ている「順相関」の関係と、同じコモディティでも大豆とプラチナのように「無相関」の関係があるという。このうち、「無相関」の銘柄でポートフォリオを組み、リスクを減らしていく戦略だ。

 たとえば、連動性のある=順相関の「金」(コモディティ)と「日経225」(指数)に、無相関の「豚バラ肉」(コモディティ)を加えると、無相関に近づく。氏は次のように述べている。

 「こうした複数の市場にまたがったポートフォリオが容易に組み立てられるのは、銘柄が豊富なCFDならでは。ちょっと難しいかもしれませんが、CFDに慣れてきたら試してみる価値はあると思います」

 さらに杉田氏は、FXでのテクニカルの経験はそのままCFDにも活かせるともいう。選択肢の広いCFDでは、たとえばトレンドひとつとっても出やすい市場と出にくい市場があるから、

「幅広く市場を見て、テクニカル分析が通用しそうなチャートを探す」

ことが可能になる。もっともトレンドができやすいのは金利先物や国債先物で、その次が為替市場、三番目が原油などエネルギー関連という。

 適切な銘柄選択とテクニカル分析があれば、あとは資金管理さえ間違わなければ成功の確率が高まる。FXでもCFDでもこの点は同じだ。



ランケン氏もパネラーとして登場


 本では、杉田氏のPF戦略のほかにも、精緻なファンダメンタル分析を得意とするサラリーマン兼業トレーダーであり、セミナーではパネラーとしても参加するランケン氏の「市場の歪み」を狙う"スプレッド戦略"など、「実際にCFDで大きな収益を上げている投資家」5人の達人の方法を余さず公開している。またFXオンライン・ジャパンのデモトレードを通じてCFDの仕組みを理解する実践方法も掲載されているので、気になる方はこれだけでも試してみる価値はある。

 とはいうものの、人間やはり動いてナンボ? 本を読むだけでもいいが、どうせなら達人たちの考え方に直に触れるのが一番。CFDの祭典ともいえるこのセミナーに、ぜひ足を運んでみてはどうだろう。

★お申込はFXオンライン・ジャパンHPで ⇒ http://www.fxonline.co.jp/



〈注意事項〉
本セミナーは、エフエックス・オンライン・ジャパンが主催するセミナーです。セミナーにおきましては、ご来場のお客様にセミナーおよび取引関連資料(口座開設申込書を含む)をお配りするとともに、FX(外国為替証拠金取引)、CFD、バイナリーオプションの紹介・取引等の勧誘をさせていただくことがありますので予めご了承の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。また今回のセミナーは、情報の提供を目的としたものであり、投資方針や時期選択等の最終決定はご自身でご判断いただけますようお願い致します。

金融商品取引法に基づく表記
 外国為替証拠金取引を含むCFD取引は、外国為替、株式、株価指数、商品等の価格の変動によって大きな損失をこうむる可能性があり、また預託した証拠金額より多額の取引を行うことが可能であるため、上記の価格が急激に変動した場合、損失が証拠金額(投資元本)を上回ることもあります。株式CFDは取引手数料がかかりますが、他のCFDの取引手数料は無料です。手数料率および最低手数料は取引所ごとに異なります。詳しくは弊社ウェブサイトをご確認ください。ギャランティーストップを提供させていただいているお取引については、ポジションにギャランティーストップを付加するためには、保証料として追加スプレッドまたは手数料をお支払いいただく必要があります。詳しくは取引情報にてご確認下さい。お取引金額に必要となる維持証拠金額は、個人のお客様の外国為替証拠金取引では原則、約定代金の2%(レバレッジ50倍)となります。ただし、通貨ペアによっては、2%が適用とならない場合もあります。法人のお客様の外国為替証拠金取引では、主要通貨ペアについては約定代金の1%(レバレッジ100倍)、その他の通貨ペアは2%またはそれ以上の適用となり通貨ペア毎に異なりますので、取引情報にてご確認ください。商品直物CFDでは約定代金の3%(レバレッジ33.3倍)または5%(レバレッジ20倍)となります。株式CFDは最低5%(レバレッジ20倍)からの設定となります。株価指数CFD、株価指数先物CFD、債券先物・金利先物CFD、商品先物CFD、標準オプションの売りでは銘柄ごとに固定の証拠金が定められております。なお、本年12月中旬に株式CFD、株価指数CFD、株価指数先物CFD、債券先物CFDの証拠金額の変更が予定されております。詳細は弊社ウェブサイトでご確認ください。未決オーダーに対しても維持証拠金額が発生します。標準オプションの買いおよびバイナリーオプションでは取引から発生しうる最大損失金額が維持証拠金額となります。各通貨ペア、銘柄ごとに維持証拠金額ならびにレバレッジ設定が様々であるため、必ず取引情報にてご確認ください。取引価格の売値と買値には差があります。口座通貨以外の通貨の確定損益には両替手数料がかかります。一部のライブデーターや、有料チャートなどのご利用には追加料金がかかります。その他、スワップポイントや、調達コスト、配当金相当額、借株コストなどが発生します。株価指数先物CFD、債券先物・金利先物CFD、商品先物CFD、オプションCFDには取引最終期限があります。
商号 エフエックス・オンライン・ジャパン株式会社 金融商品取引業 関東財務局長(金商)第255号 加入協会 日本証券業協会、社団法人金融先物取引業協会