カンに頼ったトレードはもう卒業。

これからは優良ツールで相場を勝ち抜け!



"何となく"で勝てるほどFXは甘くないと感じているトレーダーは多いはず。かと言って、テクニカル分析など小難しいことを学ぶのは……。そんな人のために、FX業者が手掛ける自動売買サービスを紹介。自分に合った優良な取引ツールを見つけ出すことができれば、「常勝」の仲間入りができるかも!?




シストレから人力タイプまで。各種サービスが乱立する自動売買


 「裁量トレードでは、ほとんど勝てた試しがないですが、自作したシストレのロジックに少々の裁量を加えた結果、3か月で口座の残高が20倍近くに。運もあったんでしょうけど」

 そう話すのは、自動売買の開発などを行い、シストレ事情に精通する原豪作氏だ。

 にわかに盛り上がりを見せるFXの自動売買。各FX業者もさまざまなサービスを提供し、多くのトレーダーから人気を集めている。

 「特にFXは株と比べて、市場参加者が圧倒的に多く、テクニカル的要素に従って素直に動きやすい。FXとシストレとの相性は、抜群にいいと思います」(原氏)

 となれば、いつまでも自分の判断を信じて売買している場合ではないのかもしれない。

 「自分の裁量で取引するのに比べると、自動売買なら迷いがありませんから。自分で判断していると『ホントにここで買っていいのか?』と迷いますよね」(元為替ディーラーの鈴木隆一氏)

 確かに、迷った末に決断して入ったポジションは、たいてい間違い。かと言って、悩まず決断しても結局は損をする。相場の悪魔にトレードを繰り返して、挙げ句に口座がパンク……。FXなんてもうしない¡なんて決意した人は多いのではないだろうか。

 「FXで勝つためにはメンタルが大切。特に、負けているときほど、平常心を失いがちでおかしなトレードをしやすくなります。『20pips以上負けたら損切り』とルール魅入られたかのような、ド下手なを決めていても、勝っているときは守るのは容易ですが、負けていると『あと10pipsだけ耐えてみよう』なんて誘惑にかられ、そのうち損失が膨らんでしまうものです」(鈴木氏)

 「あと10pipsだけ」のはずが、「もう10pips」になり、挙げ句口座の半分以上を失うような大損になったり……。裁量トレードではありがちなパターンと言える。

 「自動売買なら決められたルール通りに注文してくれますから、そんなこともありません。自己管理ができず、ルールを破ってばかりの人には、自動売買がいいと思いますよ。いくら勉強しても勝てない、センスのないトレーダーにとっても自動売買なら勝てるかもしれませんしね」(同)

 誘惑に弱い人、トレ―ドのセンスがない人は一度、自動売買を試してみる価値はあるかもしれない。

 だが、自動売買と言っても、誰もが勝てるわけではない。

 「世間には山ほど自動売買のプログラムがありますが玉石混淆。ハズレもたくさんあるから、その見極めが大切」(同)

 見極めるとはいえ、こちとら素人。何を基準にすればいいのか。

 「その前に、自動売買にはいくつかの種類があります。いわゆるシステムトレードと呼ばれる、あらかじめ決められた条件が揃ったとき自動的に売買が行われるものが主流ですね」(同)

 システムトレードと言うと、意味のわからないプログラミング言語を駆使してたり。メールとネットがやっとのアナログ人間には到底無理な気がするのだが……。

 「そういうものもありますが、最近ではシストレがだいぶ身近になっています。あらかじめ用意されたシステムのなかから、良さそうなものを自分で選ぶだけのシストレも増えてきていま すね」(同)それなら、初心者の自動売買第一歩として安心かもしれない。



さまざまなタイプのある自動売買サービス


 「また最近では優秀なトレーダーが売買すると、全く同じように自分の口座も自動的に売買してくれるサービスも出てきました」(同)

 自動売買はシストレタイプと、人力タイプの大きく2つに分かれる。また、もっとも簡易なものとしては、高度な注文機能で自動売買する自動注文タイプもある。

 「システムトレードのプログラムや人力タイプのトレーダーの良し悪しを見分けるには、勝率や獲得pipsといったデータはもちろん重要ですが、それ以上に重要なのが『ドローダウン』です」(同)

 ドローダウンとは負け幅のこと。自動売買の調子が悪いときに、「どのくらい負ける可能性があるのか」を見る指標だ。たいていの自動売買では、ドローダウンのデータが公開されているはずである。

 「『最大ドローダウン』が大きいと、最終的には勝てるはずの自動売買でも、その前に自分の資金が底を突いてしまうかもしれません」(同)

 では、次にタイプごとに業者の自動売買サービスを見ていこう!


■鈴木隆一氏
ガンパウダー代表取締役。
大和証券でチーフ為替ディーラーなどを務め、FX会社数社の立ち上げにも参画するなどFX全般に精通。自信もシストレを開発、運用する


■原豪作氏
インキュリード・システムトレーディングCEO。
FXのシステム開発などを手掛け独立。「美女為替」などのサービスも展開。
http://inculead-syst.co.jp/


■はんぞ氏
個人投資家屈指のFXシストレ通。
自信でも複数のシストレを同時に運用し着実に利益をあげている。シストレ事情はこのブログで確認を。http://hanzofx.seesaa.net/