2010/11/26 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、前日の米株高を受けて日本株が上昇するとの思惑から序盤は堅調な動きを見せたが、高く寄り付いた日経平均株価が伸び悩み値を削る展開になるとリスク回避の円買いが優勢となり、さらに国内輸出企業からの円買いも加わったため83.339円まで下落した。その後、欧州・オセアニア通貨に対してポジション調整の流れからドルが買われる展開になると、連れ高となり83.691円まで上昇した。短いスパンのチャートを見ると上下に値が振れているようにも見えるが、米国が感謝祭で休場のため市場は閑散となり相場の方向感は乏しく、結果的には上下約30銭の狭い値幅でのレンジ相場となり、クローズも前日終値とほぼ同水準の83.605円で取引を終えた。

ユーロ円は、アイルランドの財政問題がスペイン・ポルトガル等のユーロ圏諸国へ波及するのではとの懸念が圧迫材料となっており、東京時間には111円割れ直前の111.009円まで下落した。その後、ドイツで開かれた討論会においてウェーバー独連銀総裁が「ユーロは危機に瀕しておらず、依然として世界で最も安定した通貨のひとつ」と述べ、「欧州基金は十分にある」と資金の枯渇シナリオを否定したことでユーロ買いを誘い111.901円まで上昇した。上昇一服後は上げ幅を削ったものの、前日比プラス圏は維持したまま111.630円で取引を終えた。


本日の展開


本日のドル円は、米国が祝日明けとなるものの、昨日と同様に主だった指標発表の予定が無いことから動意に乏しい展開が予想される。ユーロ圏の財政問題を主な要因として、市場がリスクに対して敏感な反応を示しており、リスク回避時にはドルと円双方が買われやすい傾向にあるため、結果的に方向感の出ない相場展開が継続している。今週は米金利の上下動によって値が振れるケースも見受けられたが、23日を除けば狭いレンジでの取引となっているため本日もボラティリティの拡大は望めないかもしれない。テクニカルで見ても一目均衡表日足雲上限に上値を抑えられて以降上抜けする程の力強さはなく、且つドルを売り込むには材料不足のため、23日にマークした今週の高値83.839円、安値82.781円を意識したレンジ相場を想定しておきたい。

ポンド円は、昨日の議会証言においてキングBOE総裁が「経済活動の行方は不安定な公算が大きい」などと述べたほか、ポーゼン英中銀金融政策委員会(MPC)委員が「GDPやCPIはMPCの予想より著しく低い」と発言、マイルズMPC委員が追加金融緩和の可能性に言及する等、要人達の弱気な見通しを背景に上値の重い展開を強いられそうだ。昨日はCBI指標が強い結果となったため相殺するかたちとなり値動きには表れていないものの、今後発表される経済指標がネガティブな見通しを裏付ける結果となった場合、新たな下降トレンドを形成する可能性は否定出来ないだろう。また、一目均衡表週足では既に基準線を下抜けているため動意づいた場合の下げ足は早いかもしれない。

[今日の予想レンジ]
ドル ・円 82.70-84.00
ユーロ・円 110.60-112.50
ポンド・円 129.80-133.40

【今日の主な経済指標】

08:30 JPY 東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)[前年同月比]
08:30 JPY 全国消費者物価指数(CPI)[前年同月比]
08:30 JPY 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)[前年同月比]
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式)[前週分]
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債)[前週分]
16:45 FRF 消費支出[前月比]
18:00 EUR マネーサプライM3[前年同月比]
19:30 CHF KOF景気先行指数

≪2010年11月25日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」
ユーロ・円  :「ブル」
ユーロ・ドル :「ブル」
英ポンド・円 :「ブル」
豪ドル・円  :「ブル」
NZドル・円  :「ブル」

※ブルは「買い」、ベアは「売り」、スクウェアは「拮抗」になります。


ドル円は「ブル」
レンジ相場が継続しており、スタンスも変わらず「ブル」となっている。特に昨日は感謝祭で
市場は閑散としており米国時間においては20銭に満たない狭いレンジでの取引となった。動意
の乏しい展開が続いているため、狭い値幅でのトレードか、若しくは来週の展開を睨んでのポ
ジション調整といった投資スタンスの違いによって方針が大きく分かれてくるだろう。


ユーロ円は「ブル」
2連騰となり、上昇継続期待から「ブル」となった。一昨日にテクニカルポイントで支えられ、
反発後の上昇が続いてるが、ファンダメンタルズでは悪材料が目白押しであることから上昇局
面での深追いには注意が必要となりそうだ。直近の要人発言としては、ウェーバー独連銀総裁
はタカ派的、メルケル独首相はハト派的発言をしており、同国内でも意見は分かれているが、
今後発表される経済指標や、アイルランドの支援策等、具体的な数値によってそれぞれの言葉
に現実味が出てくるだろう。そのため、現時点では発表時間は未定だが独消費者物価指数の発
表が予定されているため結果には注意が必要か。


豪ドル円は「ブル」
ユーロ問題を発端としたリスク回避志向によって豪ドル買いも鈍りつつあるが「ブル」は継続
している。豪州国内経済自体は好調を維持しているものの、貿易で繋がりの深い、ユーロ圏・
中国に悪材料が台頭しているとこが気迷いとなり、日足のコマ足に表れている。そのため、引
き続きユーロ問題を中心としたリスクに対する市場のスタンスには警戒が必要となるだろう。


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」