[新興国投資で勝つNYSIで!]

世界中の情報を収集伸びる新興国を探し出し儲ける



 「普通では買えないような国の株もCFDでは買えるんですよ。例えば、南アフリカ株に投資するといっても、昔は現地まで行って口座開設をしなきゃいけなかった。今はCFDがあるから一つの口座で世界中に投資できる。便利ですよね」

 そう話すのは幅広く世界中に投資をするエマージング氏。発展途上国や、内乱勃発中の国でもチャンスと思えば即行動に移す。その姿はさながら「冒険投資家」だ。

 「数年前まで中国株が成長著しく、ブームが巻き起こりました。もちろん私も投資していましたが、今の中国株にはこれ以上の爆発的な成長余地があるとは思えない。だから、ここ最近は数年前の中国のような有望な新興国を探しています」

 エマージング流の投資先探しは地図帳を見ることから始まる。

 「地図を見て、『この国は紅海に面しているから貿易が栄えそうだ』と想像したり、そのなかで取れる資源なんか書いてある。地図帳には考える楽しみがありますよ」

 投資候補の条件になるのは、資源や人口が多く、今後インフラを整備する国だ。

 「浮かび上がってくるのはロシア、ブラジル、アルゼンチンといった国々。あるいはアフリカ諸国です」

 ロシアやブラジルは、経済発展がめざましく資源を多く保有している。アフリカも石油や金などの資源が豊富だ。それら新興国への投資は、大きな経済危機が来ているときは良いのだとか。

 「世界的に同時株安のときは、新興国にマネーが集まりやすい。CFDならすぐに資産を移すことができるのがメリット。実は個人投資家のほうが機関投資家よりも早くアクションを起こせる。『成長の勢いが落ちてきたな……』と思えば、次の国に乗り換えればいいんです」

 さらに、エマージング氏は、中東のあの国にも投資の目を向けているのだとか……。

 「実は今注目しているのはイラク。戦争が終わり、石油もあるし、人口のバランスもいい。平和になれば大きく躍進すると思います」

 しかし、CFDといえどイラク株の取り扱いは、まだないのが残念なところ。今後も成長するポテンシャルを秘めた国々に投資しておいたほうがよさそうだ。



■エマージングさん
コモディティや株式など幅広く投資を行う投資通。
得意とするのは、これから伸びる新興国の先行投資をマニアックに探すこと
http://www.blog.01investor.com/






待望のCFD投資の実践案内書『FX投資家のための勝てる[CFD投資]虎の巻』好評発売中!

CFDの商品特性と具体的な投資手法を網羅した『FX投資家のための勝てる[CFD投資]虎の巻』好評発売中。本書では今回登場してくれた3人を含む、5人の敏腕投資家の手法をより詳細に解説。これ1冊でCFDの基本ルールから口座開設方法、情報収集やトレードタイミングまでわかる。「CFDは銘柄が多すぎて何に投資していいのかわからん!」という読者におすすめ!