[ヘタレ発言] なんで売りから儲けられるんでしょう


 ところで、FXって買うだけじゃなく売りからでも儲けられるって言いますが、これってどういうことなんですか!?

 「FXは必ず通貨のペアで売買するんです。海外旅行するときは両替をしますよね。それは円を売って米ドルを買うっていうこと」

 あ、逆に旅行から戻ってきたら、ドルを売って円を買いますよね!

 「そう。通貨ペアは常に表裏一体。米ドル/円の売りとは、米ドルを売って円を買うことなんですよ」 株の空売りのように借りてきて売るというわけじゃないんですね。

 「そうです。例えば、1ドル=100円から90円に値下がりしたとき、100円で売ったドルをこのタイミングで買い戻せば、差額の10円が利益になります。これが売りで儲ける仕組みです」

 なるほど! 逆に買いの場合、1ドルが110円に上がったときに売れば10円の儲けになるのと一緒ってことですね。

 「その通り。米ドル/円の『売り』・『買い』というのは、通貨ペアの前にある米ドルに対する言葉だと覚えておくと簡単です」

 ようやく売りの意味がわかった。あと、私、細かいことをまったく気にしない性分なんですけど大丈夫なんでしょうか? マメさが必要とかって言いますが?

 「FXトレードに性格は関係ありません。けれど、いい加減にやっていると当然負けます。相場には、プロといわれる投資家もたくさんいます。個人投資家は、努力をしないと勝てません」




[ヘタレ発言] 周りに豪ドル/円をススメられました!


 でも先生、先輩たちからは豪ドル/円を買って持っていればいいって言われたんですけど……。本当にそれだけで儲かるんですか?

 「スワップ金利狙いの長期保有ですね。かなりリスクが高いので、初心者はやってはいけません!」

 え、ダメなんですか。そもそも、スワップ金利ってなんですか? 

 「日本は今年利0・1%という超低金利政策です。一方、オーストラリアは年利4・5%という高金利。100万円を1年間預けておくと4万4000円もらえるんです」

 それはおいしそうな話ですね。日本の銀行に預けても全然利息はつかないし……。

 「オーストラリアと日本の間に金利差があるので、豪ドル/円を買うと、年率換算4・4%のスワップが毎日入ってきますからね」

 えー! 毎日ですか? お得!じゃあやっぱり、豪ドル/円を買ったほうがいいんじゃ……。

 「まぁまぁ。豪ドルが常に一定の価値だったら、リスクはありません。けれど、相場は常に変動するんです。今は円高気味。スワップ金利が吹っ飛ぶぐらいに通貨の価値が下がることもあるんですから。FXで大損した人に多いのは、円高のときでも、スワップがもらえると思って、買いポジションを持ち続けていたからなんです」

 おいしい話ほど怖いとは……。




[ヘタレ発言] ぶっちゃけ負けるのが嫌です


 多少の損は覚悟していても、やっぱりビビッちゃう。負けないような手法を教えてくださいな!

 「何を言ってるんですか! 100%勝つ方法はあり得ませんよ。プロだって負けるときは負けますし。けど、トータルで勝てれば儲かるでしょ? そのためには損切りが大事になります」

 出ましたね、損切り。でもお金を捨てる気がしてなかなか踏み切れません。

 「取引開始と同時に損切り設定すること。これは入場料です。宝くじを買っても当たらなかったら『仕方ないな』と思えるでしょう。FXの損切りはそれと一緒です」

 でも、損切りせずに持っていれば、値が戻ってきてプラスになることもあるのでは?

 「確かにそうなるパターンもあります。けれど、自分が口座に入れたお金がいくらなのか考えましょう。値が戻る前に資金以上の損が出てしまえば強制ロスカットになることもあるんですから」

 強制ロスカットとは、FXからの退場勧告。FXができなくなると指南書に書いてました。

「だから、損切りは大事なんです。自分が損してもいいと思える許容範囲の金額に達したら損切りを入れるべきです」

 自分の許容額がわかっていれば安心。ここ重要っすね!



■杉田 勝 氏
FXスクール『Win-Invest Japan』会長。
ロンドン在住の元ヘッジファンドマネージャー。これまでに数多くの専業トレーダーを輩出。
著書に『FX先生』(小社刊)など




■編集 まいまい
FXのエの字もわからない初心者。
編集部にいながらにして、FX口座と銀行口座の違いも答えられないほど。さらには経済に関する知識すらも危ういヘタレっぷり。趣味はゲーム。