トレンドに乗れば、FXで勝つことができる!?

話題のFXシグナルトレーディングシステムを試した!



FXの初心者でも、プロサーファーのごとくトレンドの波に乗れてしまうという夢のようなシステムがあった! それが「SNATCH」。これは、チャート上にシグナルを表示させ、トレードのタイミングをリアルタイムで教えてくれるシステムだ。シグナル通りにトレードするだけで、FXで勝つことができてしまうらしい。これは実際に確かめる必要がありそうだ!





「SNATCH TRADINGSYSTEM」って、なんだ!?


「プラスになるとすぐ利益を確定してしまい、マイナスになると底まで持ち続けてしまう…。結局、損失ばかりが増えていくだけだった」。FXに限らず投資では、なぜかそういう結果になってしまうことが多い。マーケットがどう動くかがわからないことで、トレードに自信がなくなり精神的に追い込まれてしまうからだろう。

 そんな悩みをふっ飛ばしてくれるのが「SNATCH TRADING SYSTEM(以下、スナッチ)」。これは自動的にマーケットの波をとらえ、ここぞという売買タイミングでシグナルを発生するソフトだ。スナッチは、ビジュアルトレーダーというトレードシステムをベースに、そのなかのチャートを使ってシグナルを表示する。ソフトはダウンロード後にマニュアルに沿って設定するだけで使えるので、FXやPCのド素人でも簡単に起動することが可能。通貨ペアは、円をクロスに、米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、豪ドル、カナダドル、ニュージーランドドルの7種類。そのなかでも、ポンド/円とドル/円のシグナル精度は特に高いという。直近約半年の実績では、ポンド/円の2時間足シグナルにただ単純に従うだけのトレードで月平均プラス600〜700PIPSというから驚きだ。

 とはいえ、単にシグナル通りに売買するだけで、本当に勝つことができるのだろうか? 誰もがそう思うだろう。しかしスナッチは、その使い方を工夫すれば、トレードの精度を著しく高めることができるというのだ。



スナッチの真髄は、時間軸の活用とマルチスナッチだ!


 スナッチの真髄は、ズバリ「時間軸」と「マルチスナッチ」だ。つまりスナッチは、チャートを同時に複数利用することで、シグナルの信頼性を高めようとするのだ。

 例えば、同じ通貨の10分足チャートと1時間足チャートでは、10分足のほうが、動きを感じやすい分シグナルを多く発生させるのだが、シグナルが多くなるということは、それだけ「ダマシ」も多くなる。そこで、10分足でトレードする際に、長い時間足のチャートのシグナルも同時に確認し、2つのシグナルが重複した場合にのみ実際にトレードを行うことで、さらに精度を高めるということなのだ。一度にスナッチを複数使うので「マルチスナッチ」。名前通りだ。このマルチスナッチを使えば、デイトレードやスイングトレードなどにも対応できるので、まさに鬼に金棒だろう。これはうれしい。

 あとはスナッチに資産を増やしてもらうだけである。では、さっそくそのお手並みを拝見させてもらうとしよう。